ホーム ブログ

<11月15日放送>みなさんぽ

今週のみなさんぽは、今月の月間プレゼントもご提供いただいている「歌津小太郎」取締役の千葉孝浩さんにタイトルコールをお願いしました。そして、インタビューでは『合同会社でんでんむしカンパニー』代表の中村未來さんにお話を伺いました。

輝く生命(いのち)の物語 〜行山流水戸辺鹿子躍〜

躍動感あふれる舞を繰り広げるのは、300年の歴史を誇る「行山流水戸辺鹿子躍(ぎょうざんりゅうみとべししおどり)」。南三陸町を代表する郷土芸能であり、町内外多くの場で披露されています。今回はこの鹿子躍の継承者として20年以上に渡り、情熱的に活動を続けてこられた村岡賢一さんにお話を伺いました。

<11月8日放送>みなさんぽ

今週のみなさんぽは、南三陸で椎茸栽培を行っている株式会社椎彩杜の常務・高橋浩幸さんにタイトルコールをいただきました〜!そして、インタビューでは南三陸の移住について南三陸町移住支援センターのプロジェクトマネジャー・片山真平さんにお話を伺いました。

南三陸ワインが町おこしの起爆剤に!/藤田岳さん

南三陸に生きる⼈を巡り、⼀巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第18弾は、埼玉県から南三陸に移住し、ワイン造りに励む藤田岳さん。なぜ南三陸でワインなのか?そこには町を盛り上げたいという想いが詰まっていました。

走らないけど盛り上がる!?10年ぶりの運動会

秋雨前線も一休みした土曜日、「走らないミニ運動会」と称したちょっと変わった住民運動会が開かれていました。住民が自ら企画したこの活動を取材してきました。

2017年10月31日/定点観測

南三陸町市街地の復興の様子を定点観測しています。戸倉地区、志津川地区、歌津地区の3箇所の写真を公開しています。

<10月25日放送>みなさんぽ

今週は今月15日に志津川の旧仮設魚市場で開催された音楽フェス『UTKKO BURUME』の会場から。ライブ直後のカラーボトル竹森マサユキさんが南三陸町ならではのメニューを食レポで紹介してくださいます!当日2つのステージを締めくくる大トリはかりゆし58のライブ。こちらも、楽屋テントでライブ直後の前川真悟さんにお話を伺いました。

笑顔と感動の3日間! ジュニアリーダー初級研修会&南三陸町・本別町ふる...

8月2日〜4日の2泊3日で、志津川自然の家を会場に「ジュニアリーダー初級研修会&ふるさと交流会」が行なわれました。今年で33回目となる南三陸町と本別町の交流の物語。震災がありながらも、途切れることなく交流が行われています。

<10月18日放送>みなさんぽ

今週のみなさんぽは、カフェちょこっとにおじゃまして『戸倉っこかき』のあつあつカキフライをいただきました〜!そして、インタビューでは南三陸町で40日間の実習を行っている大正大学地域創生学部の鈴木里奈さん、小坂健介さんにお話を伺いました。
video

【36NEWS】2017.10.15UTAKKOBURUME

南三陸のNEWSを36秒でお伝えする「36NEWS」。10月15日に志津川旧仮設魚市場にて開催された音楽フェス「UTAKKO BURUME」の様子をお伝えします。

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

輝く生命(いのち)の物語 〜行山流水戸辺鹿子躍〜

躍動感あふれる舞を繰り広げるのは、300年の歴史を誇る「行山流水戸辺鹿子躍(ぎょうざんりゅうみとべししおどり)」。南三陸町を代表する郷土芸能であり、町内外多くの場で披露されています。今回はこの鹿子躍の継承者として20年以上に渡り、情熱的に活動を続けてこられた村岡賢一さんにお話を伺いました。

南三陸のまちづくり