海がシンボルの町にいつか戻ってきたい。

新たな門出の時期となる3月。志津川高校3年の後藤健心さんもその1人だ。「学年みん...

南極と南三陸で「生きる」を教わった石井洋子さん。南極写真展開催中

さんさん商店街内にある「NEWS STAND SATAKE」にて写真展「彩りの南極」が開催中です。撮影したのは2015年に南三陸に移住した石井洋子さん。気象庁の「南極越冬隊」として南極で生活した彼女がなぜ南三陸に移住したのか?そして、写真展で伝えたいこととは?その想いに迫りました。

農家と子どもたちの笑顔が仕事のやりがい。

稲刈りを終えた田んぼに入る、ひときわ目を引くキャタピラ車。生ごみを分別してエネル...

木製品を身近に。その可能性を追求する。

木製のスプーンやヘラなど、手作りのカトラリーを手がけるのは阿部伸さん。入谷出身の...

志津川の海をダイビングで魅了!

この夏、海とともに生きる南三陸にとってこの上ない観光コンテンツが復活した。201...

心地よい図書館に向けて、若き司書の挑戦。/小林朱里さん

南三陸に生きる人を巡り、一巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第32弾は、この春再建した南三陸町図書館。町外出身ながら唯一の司書として新たな図書館の空間作りに挑む小林朱里さんの想いに迫りました。

草木に彩りと輝きを与える、小さな「ボタニスト」。

「Botanist」--。英語で「植物学者」の意。その文字をとって「ボタンちゃん...

自然とともに、寄り添う暮らしを。/中島綾子さん

自然や健康に配慮した食べものや飲み物、地の素材を生かした手作りの工芸品、子どもたちがからだを使って自由に遊びまわれる遊び場に、心地よい音楽や趣向を凝らしたワークショップなど丸一日楽しめるイベントが開催される。春から夏に移ろう、彩り豊かな南三陸の里山で、この土地の恵みをギュッと凝縮した「ひころマルシェ」。2018年から同マルシェの実行委員長を務めている中島綾子さんに、開催に向けた想いを聞きました。

お酒と笑顔のあるお店は、地域の拠り所。/ 佐藤裕さん

南三陸に生きる人を巡り、一巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第30弾は、ハマーレ歌津の元気印「佐藤酒店」の佐藤裕さん。老若男女が集うお店の秘けつは、笑顔に満ちた地域の拠りどころ。そんな空間を営む佐藤さんの想いに迫ります。

「運ぶ」で町に貢献したい!新社会人の一歩。

春の訪れとともに南三陸町でも新社会人が新たな一歩を踏み出している。有限会社山藤運...

今週の人気記事

南三陸のニュース

自然を学び、活かす拠点に。「自然環境活用センター」悲願の復旧

東日本大震災で被災した南三陸町自然環境活用センターが、戸倉公民館2階に移転復旧しました。震災後に多くの研究者などが集い採集した南三陸町の生き物の標本などが並びます。2月1日には復旧を記念したシンポジウムも開催され、自然調査や研究、体験活動の拠点になることが期待されています。

最新の連載記事

豆腐を咥えて獅子が舞い厄払い~波伝谷春祈祷~

南三陸町の無形文化財に登録されている「波伝谷春祈祷」。戸倉地区波伝谷集落で約300年以上も続く、風習行事の1つです。毎年3月に行われ、地域住民にとって欠かせない行事です。

南三陸のまちづくり