More

    南三陸のものがたり紡ぐウェブメディア

    地元南三陸高校生がレポート! 立教女学院小学校 南三陸スタディツアー2023

    9月12日から9月14日の3日間、南三陸町を訪れていた立教女学院小学校の6年生の皆さん32人と2日間行動を共にしました。立教女学院小学校では、毎年スタディツアーとして6年生が南三陸町に訪れているそうです。今回は、地元南三陸高校生である私たちが同行したこの2日間の事についてお伝えしたいと思います!

    それぞれのスキルで地域を盛り上げる!地域おこし協力隊活動報告会(後編)

    南三陸町で活躍する「地域おこし協力隊」は現在9名、これまで培ってきたスキルを活か...

    それぞれのスキルで地域を盛り上げる!地域おこし協力隊活動報告会(前編)

    南三陸町で活躍する「地域おこし協力隊」は現在9名、これまで培ってきたスキルを活か...

    脱炭素社会に向けた鍵の一つ!「ブルーカーボン」に見る志津川湾の可能性とは

    2050年までの「脱炭素社会」の実現を目指す日本。そんななか注目を集めるのが海の植物による炭素吸収「ブルーカーボン」。ラムサール条約にも登録され、豊かな資源を誇る志津川湾だからこそ、今後地域にとって重要なキーファクターになる「ブルーカーボン」について紹介していきます。

    三陸沿岸を駆け抜け、食を満喫する!「ツール・ド・東北」4年ぶりに本格開催!

    東日本大震災で被災した県沿岸部を自転車で巡る「ツール・ド・東北2023」が9月16日(土)、17日(日)に開催されました。コロナ禍以来4年ぶりとなる本格開催で南三陸町を縦断するコースも復活。町内3ヶ所に設置されたエイドステーションでは南三陸町ならではの食でライダーをもてなしていました。

    県内有数の綺麗な海!サンオーレそではま海水浴場の海開き&海の家特集

    今年もサンオーレそではま海水浴場がオープン!新たな国際認証「ブルーフラッグ」を取...

    2体のモアイ像が町を見守る新名所誕生。志津川湾を望む「うみべの広場」オープン

    南三陸町の復興のシンボルでもあるモアイ像が、7月29日に新しくオープンした「うみべの広場」に移設されました。1960年のチリ地震から30年後に寄贈されたモアイ像と東日本大震災後に門外不出だったイースター島の石を使って作られたモアイ像。新旧2体のモアイ像が永住の地で並び立ち町の発展を見守る新名所が誕生しました。

    地域で子育ての支えあい「あずかりあいっこ」トライアル運用スタート!

    ママ・パパや地域のサポーターさんで小さい子どもを互いに預かり合う「あずかりあいっこ」がNPO法人ウィメンズアイにより、6月から始まりました。南三陸町の子育て環境の改善に向けまずは第一歩を歩み出しました。

    大学生とゆく。「伊里前しろうおまつり」が開催!

    桜が咲き始めてからツツジが見頃を迎える時期が旬の“しろうお”。そんなしろうおをテ...

    南三陸の自然環境を学び伝える!「南三陸少年少女自然調査隊」2023年度の活動開始...

    町の自然環境や文化を体験しながら魅力を発信するために、町内の小中学生が参加する「南三陸少年少女自然調査隊」。5月13日(土)に折立海岸で生きもの調査を実施し、39種類の生きものが確認されました。中には宮城県のレッドデータブックに掲載されている希少種も発見されました。

    今週の人気記事

    最新記事