ホーム ブログ ページ 3

<3月28日放送・最終回>みなさんぽ

2016年4月にスタートした『みなさんぽ』は、この日最終回を迎えました。オープニングでは、放送を通しお世話になった方々からタイトルコールをいただきました。インタビューでは、佐藤仁町長から、南三陸町の今と未来を語っていただきました。
video

【36NEWS】2018.03.25 波伝谷の春祈祷

戸倉地区の春の風物詩である民俗文化「春祈祷」。 地区内の家々を獅子舞がまわり、悪鬼を封じ込み祓い捨てます。 厄と共に寒さも祓われ、芽吹きの季節へと移っていきます。
video

【36NEWS】2018.03.24 南三陸ぎゅ~っとプロジェクト

3/12から約2週間、南三陸・登米でこども向けのアート活動を行ってきた「南三陸ぎゅ~っとプロジェクト」。 東京学芸大学大学院の学生を中心に、入れ替わり立ち替わりで10名近くの学生が活動を行ってきました。

<3月21日放送>みなさんぽ

春分の日の放送となった今回は、佐藤仁町長にタイトルコールをいただきました。インタビューでは、南三陸町観光協会の佐藤慶治さんに、この春スタートするサイクルツーリズムの取り組みについてお話を伺いました。

復興の象徴的存在へ。さんさん商店街1周年

3月3日(土)、4日(日)に「南三陸町志津川さんさん商店街」でオープン1周年記念のイベントが開催されました。餅まきやガラポン抽選会など行われ、行列ができるほど多くの買い物客で賑わった2日間になりました。

<3月14日放送>みなさんぽ

3月14日の放送では、戸倉地区にある「ペンション オーイング」オーナーの西條りき子さんに、メカのカマ煮をご紹介いただきました。インタビューでは、「南三陸ねぎ応援プロジェクト」の原田安穏さんに、南三陸ねぎ応援プロジェクトについてお話を伺いました。
video

【36NEWS】2018.03.11 東日本大震災から7年 南三陸町の今

2011年3月11日から7年。 「南三陸町の今」を映像でまとめました。 さまざまな想いを胸に、南三陸町はこれからも歩み続けます。

故郷への想いを胸に踏み出す新たな一歩。/三浦千裕さん

南三陸に生きる⼈を巡り、⼀巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第22弾はこの春志津川高校を卒業し、大学進学のために町を離れる三浦千裕さん。震災から7年。当時小学5年生だった女の子がさまざまな出会いや経験を通じて得た南三陸への想いに迫ります。

<3月7日放送>みなさんぽ

3月最初の放送では、オープンを間近に控えた「OCT-VIN369」オーナーの井原健児さんにタイトルコールをいただきました。インタビューでは、「一般社団法人南三陸研修センター」理事の阿部忠義さんにお話を伺いました。
video

【36NEWS】2018.03.03 地域おこし協力隊の新店舗 プレオープン

今年1月に地域おこし協力隊として着任した井原健児さん。 隈研吾事務所とスノーピークがコラボしたトレーラーハウスで「たこ焼き」と「ワイン」のお店をオープンします。

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

小さいころから大好きな地元の魅力を全国へ/佐藤可奈子さん

南三陸に生きる⼈を巡り、⼀巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第23弾は今年、南三陸町観光協会に戻ってきて大好きな地元の魅力を発信する佐藤可奈子さん。小さいときから、これまでの歩みを振り返ります。

南三陸のまちづくり