ホーム ブログ ページ 2

南三陸で活躍する地域おこし協力隊の今(前編)

5月13日(月)、役場第二庁舎で2018年度地域おこし協力隊活動報告会が開催されました。会場には地域おこし事業に関わる関係者30名ほどが参加。隊員は少ない持ち時間の中で、南三陸町にかける想いと自身の活動を報告していました。報告会の様子を前後半でお届けします。
video

【36NEWS】2019.07.18 さんさんライド

南三陸町で7月20日から、小型電気自動車(EV)を町内の移動手段として、観光客等に貸し出す実証実験がスタートしました。 トヨタの一人乗り用超小型EV車「COMS」を、さんさん商店街(3台)と南三陸まなびの里いりやど(2台)の計5台配置します。 実証実験は9月29日まで。詳しくは各事業所にお問い合わせください。
video

【36NEWS】2019.07.18 のぞみ福祉作業所落成式

社会福祉法人洗心会が運営する「のぞみ福祉作業所」が歌津の高台で落成式を迎えました。 地域に開かれた福祉施設として、モノづくりやアート活動などを実施。障害をもつ方々の社会参画を考えていく場を目指しています。
video

【36NEWS】2019.07.14 荒嶋鳥居再建

南三陸町志津川の荒島に鎮座する荒嶋神社の鳥居が再建されました。 地元住民や町外の多くの方の支援により、東日本大震災で流出してから8年4ヶ月、ついに地域のシンボルが復活しました。
video

【36NEWS】2019.07.13 サンオーレオープン

久々の青空に恵まれた南三陸町。 サンオーレそではま海水浴場では安全祈願祭が執り行われ、海開きを迎えました! イベント盛りだくさんの南三陸の夏、ぜひみなさまのお越しをお待ちしております!

今年もイベント盛りだくさん! サンオーレそではま海開き

南三陸町の「サンオーレそではま海水浴場」が今年もいよいよ海開き!毎週イベントが目白押しです。今回は担当の南三陸町観光協会の阿部悠斗さんに話を伺いました。想いがこもったイベント情報をお届けします。

「夢」から始まった筆一本の道〜小山康博さん〜

南三陸町の手仕事を紹介するこのテーマ。初回は町民から“ヤスさん”の愛称で呼ばれている「Design Studio一筆」の小山康博」さんです!突き詰めてきた筆一本の道、そのルーツと今に迫りました。

幾多の試練を乗り越え、高台の新しい町に開店!居酒屋「鷲巣」

東日本大震災では多くの住民の人生が変わってしまった。彼もまた以前の仕事・暮らしができなくなってしまったのだが、胸に秘めた熱い想いを持ち続け、満を持して東団地に「居酒屋・鷲巣」を開店。激動の人生を歩む店主・三浦達也さん(51)にお話を伺いました。

みんなで育むスポーツの場/あくてぃぶ!

南三陸町内で活動するスポーツ団体を紹介する本テーマの初稿は、ライター本人が部長を務めるサークルから。町内外から様々な人が集まり、夜な夜なスポーツをしている「生涯スポーツサークルあくてぃぶ!」について。

2019年6月30日/定点観測

南三陸町市街地の復興の様子を定点観測しています。戸倉地区、志津川地区、歌津地区の3箇所の写真を公開しています。

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

心地よい図書館に向けて、若き司書の挑戦。/小林朱里さん

南三陸に生きる人を巡り、一巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第32弾は、この春再建した南三陸町図書館。町外出身ながら唯一の司書として新たな図書館の空間作りに挑む小林朱里さんの想いに迫りました。

南三陸のまちづくり