ホーム ブログ ページ 128

志津川仮設魚市場のにぎわい

元々の魚市場は東日本大震災で被災したため、仮設魚市場として昨年10月にオープンしたところです。辺りがまだうす暗い朝6時ごろ。すでに岸壁では漁師さんたちがシロサケの水揚げをしていました。

子どもたちの郷土芸能発表会

町内各所には幾つもの演舞が存在します。神に奉納するもの、お祝いの席で披露するもの...

「銀乃すけ」はもう食べました?

こんにちは。 普段から、私はよくコンビニに立ち寄るのですが、ここ最近はローソン...

津波警報解除について

南三陸町災害対策本部からお知らせ宮城県沿岸に発表されていた津波警報は午後7時...

志津川市街地の様子

今日の南三陸は時おり小雪が舞う肌寒い天気です。街中、家屋の基礎撤去などの作業を行...

観光協会に行ってきました!

先日のことですが、このブログの相談もかねて、南三陸町観光協会さんでお話をうかがっ...

五十鈴ココX’mas Liveのご案内

復興応援大使の妃乃あんじさんからの情報です! 妃乃さんは、元宝塚女優。(“...

キラキラいくら福興市

こんにちは。 今日は2012年11月25日に開催された「福興市」をご紹介します...

ブログ立ち上げのご挨拶

ようこそ!「南三陸なう」に。 南三陸町長の佐藤仁です。 東日本大震災...

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

心地よい図書館に向けて、若き司書の挑戦。/小林朱里さん

南三陸に生きる人を巡り、一巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第32弾は、この春再建した南三陸町図書館。町外出身ながら唯一の司書として新たな図書館の空間作りに挑む小林朱里さんの想いに迫りました。

南三陸のまちづくり