自然を学び、活かす拠点!「海のビジターセンター」オープン

「三陸復興国立公園」の一角を占める南三陸町。その豊かな自然環境の発信と、自然体験学習の拠点となるべく、「南三陸・海のビジターセンター」がオープンしました。その役割を、センター長の平井和也さんに伺いました。

国内初 嚢頭類化石発見

しつこいようですが南三陸は化石の宝庫。 特にペルム紀(3億年前)からジュラ紀...

角田市立金津中学校 校外学習 後編

前回に続き、角田市立金津中学校 校外学習のレポートをお送りします。 被災...

わらすこ探検隊~遊びと郷土料理~

気持ちの良い秋晴れとなった、秋分の日。 南三陸わらすこ探検隊の活動が行なわれると...

英会話教室

「聞いた?ポータルセンターで英会話教室やってるんだって。」 「英語の先生がボラ...

みんなのまちづくりゲーム

まちづくり遂行中の南三陸。 そこにまつわる試行錯誤・紆余曲折の数々は 今後多くの...

合木船修復現場公開

南三陸には人々の暮らしぶりを伝える民具の数々が大切に保管されています。 ...

南三陸化石の学校 後編

化石の産地として知られる南三陸町。1881年、ドイツの地質学者ハインリッヒ・エド...
つつじ咲き誇る、名峰田束山

つつじ咲き誇る 名峰田束山

南三陸町内最高峰、田束山(たつがねさん)。地域の人からは信仰の対象として古くから愛される山です。つつじの名所としても知られ、今年も満開を迎えたつつじを目当てに、たくさんの方が訪れていました。

入谷小学校 水田の生き物観察会

宮城も夏の気配、田んぼの稲は青々と育っています。 先日7月3日には入谷地...

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

歓びの唄をもう一度 〜戸倉浜甚句〜

「戸倉浜甚句」は、南三陸町戸倉地区(旧戸倉村)を中心に伝わる郷土芸能であり、小中学校の運動会や体育大会、敬老会等、さまざまな地区行事の際に唄い、踊り継がれてきました。震災による影響で活動の場や衣装を失ってしまいながらも、地域の方々の地道な保存活動により、今日まで伝承されてきました。

南三陸のまちづくり