More

    南三陸のものがたり紡ぐウェブメディア

    ホーム タグ さんさん商店街

    タグ: さんさん商店街

    新メニューたこつぼラーメンとともに「しお彩」が帰ってくる!

    津波で被害を受けた飲食店「食楽 しお彩」。約5年半、南三陸町内の仮設住宅を中心に、お惣菜の移動販売を行ってきました。「地元の方々に喜んでもらいたい」という想いを胸に、南三陸さんさん商店街に出店します。

    南三陸町に再び本屋さんが! NEWS STAND SATAKE

    震災前は文房具店、現在は河北新報の販売店を営む佐武商店が、「NEWS STAND SATAKE」として南三陸さんさん商店街に新規出店します。店長となる佐藤知里さんに、お店にかける想いと意気込みを伺いました。
    「南三陸さんさん商店街」今までとこれから。移転先でもおもてなしを!

    交流の場として、新!さんさん商店街 / まちづくり未来 社長インタビュー

    震災から6年が経とうとしているが、いまだ、土色の風景が広がる志津川地区旧市街地。しかし、その風景も徐々に変わろうとしている。3月3日には、春の息吹きとともに新さんさん商店街がいよいよオープンする。
    「南三陸さんさん商店街」今までとこれから。移転先でもおもてなしを!

    南三陸さんさん商店街の今までとこれから。移転先でもおもてなしを!

    2012年2月25日にオープンした「南三陸さんさん商店街」は、交流の場や観光スポットとしてにぎわいを生んできました。来年3月の本設商店街への移行を前に、さんさん商店街の歩みと果たしてきた役割を振り返ります。
    まちなか再生計画スタート!!「南三陸さんさん商店街」の移転新築工事起工式

    まちなか再生計画スタート!!「南三陸さんさん商店街」の移転新築工事起工式

    2017年3月に志津川新市街地へ移転する「南三陸さんさん商店街」。「南三陸さんさん商店街」新築工事の起工式が7月6日に建設予定地にて開催されました。いよいよ本格的な工事が始まります!

    隈研吾氏のグランドデザインで描かれる新しい町のイメージとは?

    志津川地区の復興まちづくりにあたり、世界的に有名な建築家 隈研吾氏がデザインした『南三陸町志津川地区グランドデザイン』というものがあります。どんなデザインで、どんなふうに進められているのでしょうか?
    さんさん朝市で感じた心の復興

    さんさん朝市で感じた心の復興

    4月17日早朝、さんさん商店街では「さんさん朝市」が開催されていました。「福興市」とはまた違った独特ののんびりした空気が流れる朝市から、町の心の復興を感じられました。

    さんさん商店街4周年記念イベント

    2012年2月25日。 今から4年前、雪が舞う寒空のもと、さんさん商...

    さんさん商店街でダンスイベント開催!

    少し前の話になりますが11/29(日)、 冷たい風が吹きすさぶ中、さ...

    第二回 さんさん朝市

    6月21日(日)晴れの日。 さんさん商店街にあるセンターコートにて「第二回 さん...

    今週の人気記事

    最新記事

    道の駅「さんさん南三陸」登録!どんな施設?何が入るの?気になる情報をまとめました...

    被災した志津川地区中心部に整備する道の駅「さんさん南三陸」の登録証伝達式が4月19日に行われました。国の登録は21年3月30日付。宮城県内で18番目の道の駅として登録。「さんさん南三陸」とは何か?気になる概要をまとめました。