人々の生活と共に生き続ける文化~きりこ~

三陸沿岸に広く伝えられている「きりこ」。今では神棚飾りに欠かせないものになっており、生活と共に生き続けている文化の1つです。各家庭では新年を前に、新たなきりこに取り替えられ、新年を迎えます。今回はその「きりこ」についてご紹介です。

時代と共に変化してきた郷土芸能~長清水鳥囃子~

南三陸町で継がれている郷土芸能を紹介する連載「願いと揺らぎ~南三陸で紡がれる郷土芸能~」。今回は戸倉地区長清水(ながしず)集落に伝わる、「長清水鳥囃子(ながしずとりばやし)」のご紹介です。幾多の災害を乗り越え、時代と共に変化して現代に残されています。その保存会の会長を勤めている佐藤泰一さんに話を伺いました。

入谷八幡神社例大祭

9月20日(日)いよいよ祭り本番です。(昨年の様子、一昨年の様子) ...

入谷八幡神社例大祭 前夜祭

毎年秋のお楽しみ、入谷の例大祭。 入谷八幡神社では前日の9月19日か...

上山八幡宮例大祭稚児祈祷

9月19日(土)晴れました。 前日から朝方までの大雨警報が嘘のようです。 寝...

上山八幡宮例大祭

9月15日(火)は上山八幡宮の秋の例大祭がありました。 拝殿まで、...

荒砥の灯ろう流し

8月16日夕刻、志津川地区荒砥(あらと)の灯ろう流しにご一緒させても...

大大大盆踊り大会

皆さんはお盆休み、ゆっくり休めましたか? 帰省して旧友たちと騒いだよーなん...

入谷ひがし幼児園 節分の日

2月3日、節分の日。 みなさんは豆まきしましたか?恵方巻きは食べましたか? 入...

寄木ささよ

1月15日の夕刻、歌津地区 寄木漁港に大漁旗がはためきました。 小...

今週の人気記事

南三陸のニュース

自然を学び、活かす拠点に。「自然環境活用センター」悲願の復旧

東日本大震災で被災した南三陸町自然環境活用センターが、戸倉公民館2階に移転復旧しました。震災後に多くの研究者などが集い採集した南三陸町の生き物の標本などが並びます。2月1日には復旧を記念したシンポジウムも開催され、自然調査や研究、体験活動の拠点になることが期待されています。

最新の連載記事

「復興バー」でわたす日本橋と南三陸ワイナリーがコラボ!

2020年1月13日~31日、東京・銀座に「復興バー」が期間限定でオープン。1月23日は「わたす日本橋」と「南三陸ワイナリー」がコラボレーションし、訪れた人々は南三陸産の魚介とワインのマリアージュを楽しみました!

南三陸のまちづくり