南三陸町の森・里・海・ひとを活かしたまちづくり vol.2

南三陸町の森・里・海・ひとを活かしたまちづくり vol.2

地域資源を活かし循環させる南三陸町の取り組みを紹介するシンポジウムと現場を訪問するツアー、「南三陸から世界へ。~持続可能な地域づくりへの挑戦~」が、4月9、10日に開催されました。

入谷塾

『入谷塾』は入谷地区を舞台に始まった健康教室です。 医師の中村幸夫先...

空襲の話

夏も終わり、ようやく涼しくなったと思ったら今度は雨続きです。 収穫目前の田んぼ...

みやぎ地域復興ミーティングin南三陸町

変化の激しい町の道路。 昨日は志津川の大森・袖浜方面周辺の道路が切り替わってい...

布ぞうり講習会

わらで編むぞうりはご存知だと思いますが、布で編むぞうりはご存知でしたか? それは...

まちのなか大学 中国語講座

5月下旬よりポータルセンターにて観光協会主催の まちのなか大学「実践!すぐに使え...

田束山マイスターへの道 第三章

(第一章 第二章) 5月24日日曜日、伊里前で開かれた『田束山つつじまつり福...

楽しく作る 「親子クッキング ママカフェ」

本日の南三陸町、暴風警報発令中です。 窓の外には渦を描いて舞い上がる土埃が見え...

田束山マイスターへの道 第二章

5月半ばの日曜日、筆者は田束山(たつがねさん)へ向かうバスの中にいました。 ...

田束山マイスターへの道

海に向かってそびえる田束山(たつがねさん)。 山頂の海抜512m、なだらかな...

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

輝く生命(いのち)の物語 〜行山流水戸辺鹿子躍〜

躍動感あふれる舞を繰り広げるのは、300年の歴史を誇る「行山流水戸辺鹿子躍(ぎょうざんりゅうみとべししおどり)」。南三陸町を代表する郷土芸能であり、町内外多くの場で披露されています。今回はこの鹿子躍の継承者として20年以上に渡り、情熱的に活動を続けてこられた村岡賢一さんにお話を伺いました。

南三陸のまちづくり