被災した町役場が再建。町民に親しまれる庁舎を目指す

東日本大震災から6年半。全壊した南三陸町役場の新庁舎が完成し、9月3日に記念式典が開催されました。真新しい庁舎に「感慨ひとしお」と話す佐藤仁町長。「広く町民にひらかれた、共有の場」としての役場庁舎は生まれ変わりました。

南三陸町内すべての災害公営住宅が完成!! 復興事業の一つの区切り

東日本大震災による津波で壊滅的な被害をうけた南三陸町。6年たった2017年3月、730戸以上のすべての災害公営住宅が完成。復興段階で第一優先とされてきた「住宅再建」が終了し、復興事業の「区切り」を迎えました。

志津川ICから南三陸海岸IC開通!さんさん商店街など中心部へのアクセス向上

「志津川IC~南三陸海岸IC」間の「南三陸道路」(3.0km)が3月20日に開通しました。賑わいを見せるさんさん商店街などへのアクセス向上はもちろん、医療、防災面でも大きな効果が期待されています。

ペレットストーブの購入補助について

南三陸町では、ペレットストーブを購入・設置される方に対して、今年も補助金の交付を...

災害公営住宅見学会

各地で進む住宅再建。現在も1500以上の世帯が新しい住まいの完成を心待ちにしてい...

志津川地区 東団地(2014年11月)

高台移転造成工事、今回は志津川東地区の進捗状況をお伝えします。こちらは、ベイサイ...
南三陸町の森・里・海・ひとを活かしたまちづくり vol.1

南三陸町の森・里・海・ひとを活かしたまちづくり vol.1

震災の経験から地域資源と人のつながりの大切さを身を以て再認識した南三陸町では、自然の流れのように官民一体となった「森・里・海・ひとを活かしたまちづくり」がはじまっています。

災害公営住宅~入谷桜沢地区~

今日は、災害公営住宅についてご紹介いたします。 町内8か所で予定されている災害...

災害公営住宅~歌津名足地区~

昨日に引き続き、災害公営住宅についてご紹介いたします。 今日は、歌津名足地区の...

戸倉 波伝谷団地・西戸団地(2014年11月)

本日は防災集団移転2団地の様子をお伝えします。 まずは、波伝谷地区波伝谷団...

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

NOZOMI PAPERに見る「デザイン×福祉」という挑戦

12/9(土)にデザイン講座「デザイン×福祉」が開催されました。ワークショップのほかにNOZOMI PAPER Factoryをブランディングしたユニット「HUMO RABO」のお二人がこれまでの取り組みや「デザイン×福祉」の可能性について話をしました。

南三陸のまちづくり