人と生き物が集うにぎわいの場所を!花見山ランド

田んぼに浮かぶ、離れ小島。そこには丸太の橋ががかかって、大人も子どももワクワクする入谷の新名所、花見山ランド。南三陸研修センターのアーティストインレジデンス事業で誕生したというこの場所について取材してきました。
南三陸の桜の名所

南三陸の桜の名所に桜が咲き誇りました!

長い東北の冬が明け、南三陸には春の息吹が訪れています。4月半ばには桜前線が南三陸にも到達。震災前から変わらず、そして震災後の激動の町を横目に佇んでいた淡いピンクの花が、今年も見事に町を彩りました。

【祝】南三陸のカキが日本初のASC認証取得! ~震災から5年「森・里・海・ひと ...

分水嶺で囲まれたまさに地球の縮図ともいえる南三陸町。 町の総合計画に掲げるビジョン「森・里・海・ひと いのちめぐるまち 南三陸」を具現化すべく、森・里・海・ひとのいのちめぐる取り組みが、震災から5年を経て芽吹いてきました。

東日本大震災から5年 vol.2

震災後5年。 町の変化する様子を定期的に写真撮影しています。戸倉在郷のお寺、慈願寺からの眺めですが、農地がきれいに整備されてきています。

5年

公園、志津川保育所、上の山八幡宮に行かれる方もこちらとなります。上山公園の出入口が、以前あった南側方向からのみとなりました。 国道45号から直接入る形になっていて、国道の向かい側はコンビニエンスストアです。

バイオガス施設始動

様々な資源が循環する町を目指す『南三陸町バイオマス産業都市構想』(2014/7/...

戸倉小学校落成式

10月4日(日)待ちに待った戸倉小学校の新築落成式が行われました。 澄んだ青...

「南三陸らしさ」とは?第3回南三陸町総合戦略推進会議のようす

「南三陸らしさってなんだろう」 これを突き詰め続けた3時間。 ...

戸倉のいま(2015年9月)

震災から4年と6ヶ月。 「南三陸なう」が町の記録を始めてからは2年10ヶ月が...

歌津のいま

台風18号の影響による大雨の被害は、大崎市など東北地方にも甚大なものがありました...

今週の人気記事

南三陸のニュース

自然を学び、活かす拠点に。「自然環境活用センター」悲願の復旧

東日本大震災で被災した南三陸町自然環境活用センターが、戸倉公民館2階に移転復旧しました。震災後に多くの研究者などが集い採集した南三陸町の生き物の標本などが並びます。2月1日には復旧を記念したシンポジウムも開催され、自然調査や研究、体験活動の拠点になることが期待されています。

最新の連載記事

「復興バー」でわたす日本橋と南三陸ワイナリーがコラボ!

2020年1月13日~31日、東京・銀座に「復興バー」が期間限定でオープン。1月23日は「わたす日本橋」と「南三陸ワイナリー」がコラボレーションし、訪れた人々は南三陸産の魚介とワインのマリアージュを楽しみました!

南三陸のまちづくり