やまがた庄内農山漁食まつり&全国ねぎサミットin酒田

96
今回の南三陸なうは出張編。
10月31日土曜日、山形の大きなイベントに南三陸町のブースが出ると聞きつけ
山形県酒田市 国体記念体育館にやってまいりました。

催されているのは『やまがた庄内農山漁食まつり&全国ねぎサミットin酒田2015』。
おらほの産業を引っさげて県内・全国から数々の企業・自治体が軒を並べました。
 
特に多いのが食産業。中でもねぎを強く推すブースは20以上。
全国の有名なねぎ産地が、物販・試食・ゆるキャラ等で自慢のねぎをアピールします。
うわあ~お客さん、どっさり買いましたね!
「こんな機会めったにないから、いろんな産地のネギを買ってみました。
 家で食べ比べてみようと思っています。」
そんな喧騒の中、南三陸町のブースは・・・
オクトパスくん発見、あそこだ!
出店されていたのは『株式会社 南三陸農工房』。
南三陸町入谷地区でグリーンツーリズムを受け入れされている農園さんです。
町内でもこのところねぎの栽培が盛んになっていますからね。
南三陸農工房では今年『夏扇(なつおうぎ)パワー』という品種を扱っているそうです。
「つっても新参者だし、今回ねぎの販売はなくて試食だけ。
 うちで考案した“ねぎのレンジ蒸しチーズ載せ”、うめがら食ってみろ?
 ねぎの新しい食べ方をご提供、だ。」(南三陸農工房代表 阿部博之さん)
確かに試食は好評のようで、お客様が次々と足を留めていきます。
マルアラさん・千葉のり店さんの海産物やせんべい工房のおせんべいがよく売れていきますね。
「南三陸から来たの?頑張ってね~。」
山形県庄内町は南三陸町の友好町。
たくさんの方が応援の声を掛けてくださいます。
中には「行ったことあるよ~」という方もおいでです。
また今回の出店は、
南三陸を長く支援してくださっている酒田市の団体さんのご紹介がきっかけだったそうです。
これまでいただいた手助けの大きさをあらためて実感します。
一日のみの出店だった南三陸農工房。
収穫はありましたか?
「日本中の錚々たるねぎ産地の人達と話ができて勉強になったよ。
でもうちのねぎも負けてねえよ?
次回来るとしたら、今度こそうちのネギを買ってもらいてえな!」(博之さん)
本当に、そうですね!
(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で