戸倉のいま(2015年9月)

147
震災から4年と6ヶ月。
「南三陸なう」が町の記録を始めてからは2年10ヶ月が経ちました。
本日は戸倉地区の風景の変化をお伝えしたいと思います。
旧陸前戸倉駅近くでは河川工事が進んでいます。
仮設の橋の傍には大きな橋脚が起ちあがりつつありました。
いずれここに本設の折立橋が建ち、戸倉の高台団地へ向かう国道が通ります。

橋の先へ移動し、折立を五十鈴神社から見下ろしてみます。
海岸と並行するように作られている道路が新・国道398号です。
道路右側は戸倉団地に続いています。

同じ場所、去年2014年6月はこんな景色だったんですよ。

慈眼寺墓地からの眺めもずいぶん変わっています。
去年の2014年6月。

2015年3月。

そして2015年9月。
国道から慈眼寺へ入るルートが大幅に変更になっています。
お墓参りの際はお気を付けください。
筆者はまた迷子になりました。。。

更に走り、松崎団地の上からの眺め。
去年2014年8月。

そして2015年9月。
すっかり住宅街の趣。
既に入居されているお宅もあり、洗濯物が秋風にたなびいていました。

このところことに町の変化のスピードが上がっています。
少しでも多く記録に残していきたいと思います。
(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする