受賞御祝!南三陸キラキラ丼

134

いまや町のソウルフードとなった『南三陸キラキラ丼』。
お店ごとに四季の趣向を凝らした丼は
「おらほに来たらこれを食べらいん!」と胸を張って勧められるおいしさ、美しさです。
そんな南三陸キラキラ丼が、先日
全国丼連盟主催 第1回全国丼グランプリご当地丼部門 金賞を受賞しました。

南三陸町観光協会サイト
 全国丼グランプリ
 ご当地丼部門 金賞受賞記念キャンペーンスタート!
 http://www.m-kankou.jp/archives/14246/

提供各店ではただいま受賞記念キャンペーン実施中。
南三陸キラキラ丼ご注文&南三陸町観光協会facebookページ“いいね!”画面提示で
オリジナルピンバッジがもらえるのだそうです。
町の食事処はますますの盛り上がりを見せています。

正直に言うと、わたくし最近
「うんうん、観光のお客さんたちに好評みたいでよかったね。
 ただ地元に住んでたらめったに食べないんだよね。お値段もするし。」
って思っていました。
しかし、これだけ推されると食指も動きます。
久しぶりに食べたくなってきました。

南三陸キラキラ丼の提供店は多く、この冬は10店舗。
町内のお店にはいつもお世話になっているので片っ端から食べて回りたいのはやまやまなのですが、
資金的にも胃袋的にも1品が限界です。
どのお店を選ぶべきか・・・。

迷った末、南三陸町を飛び出してみました。

気仙沼市本吉町の名店『鮨処えんどう』さんに来ました。
歌津の支店を津波によって失ったのちも本店で南三陸キラキラ丼の提供を続ける、
南三陸愛溢れるお店です。

オーダーしたのは冬の定番『南三陸キラキラいくら丼』。
大粒のいくらに厚切りの魚介、デザート付きとは洒落ていますね。
ではでは、いただきます!

(さすが人気の鮨店、濃厚ないくらと爽やかな酢飯のバランスが見事だ)
(刻み海苔のアクセントも利いているじゃないか)
(青い空、知らない景色・・・気仙沼まで足を延ばして正解だったな)

孤○のグルメごっこをしながらおいしくいただきました。
幸せなお昼休みでした。

「お会計は以上です。ではこちら、特典のピンバッジをどうぞ。」
「よかったらバッジと一緒にお写真撮らせてもらえませんか。」
「いやいやいや、恥ずかしい!」

シャイな店員さんの代わりに気仙沼の海をバックに撮ってみました。
イクランとキララン。
南三陸キラキラ丼 公式応援キャラクターだそうです。

ピンバッジのもらえる受賞記念キャンペーンは12月末まで(バッジなくなり次第終了)。
「しばらく食べてないなあ」という人も
「食べたことないけど気になってた」という人も、食べるなら今。
三陸の恵みをしみじみと再確認できるはずです。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする