南三陸森林組合

673

町内の8割弱が森林である南三陸町は、木材資源が豊富な町。
今回は南三陸森林組合さんにお邪魔してきました。

お話を伺ったのは総務課長の山内日出夫さん。
震災後のお話や、これからの取り組みについてのお話をお聞きしました。

震災当日、組合の事務所は高台にあったため
建物も従業員さんも被災を免れました。

震災後は、組合の会議室を宮城県漁協志津川支所の皆さんに
臨時拠点としてお貸しすることになったそうです。
「同じ産業団体だから助け合ってやっていかないと」
と山内さんは語ります。

今回の津波で森林も被害を受けました。
海水による塩害です。

大体、町内の杉材全体の1%程度が被害を受けており、
立ち枯れてしまった塩害杉は、倒木の危険性があるため
組合では伐採処理を続けてきました。

建築材には向かないので焼却で処分(一部、発電利用)をし、
今年度中には処理が終わります。

「南三陸杉はよく美人杉と言われていますが、
 「ヤマセ」と言って6月に山にかかる海の霧が
 木に良い影響を与えます。

 木造住宅の建築費は高い、というイメージがありますが、
 決してそれほど高くはありません。
 地元には優秀な大工さんが沢山おります。
 住宅や事務所等を建築される時には、
 是非南三陸杉を使った木造建築も検討されてはいかがでしょうか。」
(山内さん)

 
震災直後に、木造で建築した15戸の応急仮設住宅はとても好評だったようで、
これからの町内の災害公営住宅も167戸強を木造で建築する計画をしています。

その他にも、東京の企業からの研修受け入れも行っているそうです。

「都市部に住む方々に
 森林整備等を通じて汗をかいていただくことで
 研修効果も高いですし、良い交流も生まれます。
 これからは、もっと山に目を向けてもらえるように
 様々な視点から取り組んで参ります。」(山内さん)

町が誇る森林資源を有効利用して、
木の良さを感じられる機会がもっと増えていくといいですね^^

■南三陸森林組合
住 所 : 南三陸町志津川天王山138−3
 お問い合わせ :0226-46-3119

(安藤)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする