三陸の美味しいものを売り込む!「伊達な商談会」開催

80

週末の寒さも吹き飛ぶような、暖かい朝。

新緑の緑も鮮やかで、外を歩くのが気持ちよい時期です。
5月27日、サンマリン気仙沼ホテル観洋にて、
ビジネス商談会が行われました。
震災で絶たれた販路の回復につなげるため、
全国の百貨店などのバイヤーさんと、気仙沼・南三陸・石巻の食品製造会社さんの商談会です。
主催は東北6県商工会議所連合会など。
バイヤーさんは全国から26社32名が
食品製造会社さんは46社62名が参加され、会場は盛り上がりました。
商談時間は1回20分。
終了すると次のバイヤーさんのところへ移動し、3~6回の商談があります。
各社自慢の商品を、試食も含めてプレゼン中。
 
サンマやサバ、サケを使った加工品や
イカの塩辛、ふかひれスープ、醤油にお肉、さらにはケーキなど。
 
どちらの商品も美味しそうです^^
こうした新たな出会いから、新たな取引が始まります。
三陸の美味しいものが、もっともっと日本全国に羽ばたいて欲しいです。
(安藤)

より多くの方に読んでいただけるよう、
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓

いいね!して
南三陸を応援

フォローする