災害公営住宅整備工事の着工式

121

2月14日。災害公営住宅整備事業の着工式が行われました。

町では平成27年度までに町内8か所、計930戸整備する計画ですが、その先頭をきって入谷桜沢地区に整備する51戸分の事業が着手されます。

式には町の関係者や来賓、工事関係者など、約100名が参加。犠牲者に対する黙祷や町民憲章の唱和に続き、佐藤町長が「住民のみなさんに希望を持ってもらえる年にしたい」と式辞がありました。

 

 

 

 

 

来賓あいさつ、事業概要の説明に続き、鍬入れ。

 

 

 

 

 

 

そして、立木伐採と続きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26年夏ごろに入居できる計画。

 

 

 

 

 

 

今月26日には防災集団移転の移転先地の造成工事の着工式が開催されます。震災から間もなく2年。ようやくですが、復興事業が目に見える形で動き始めます。今日は、そのスタートの日となりました。

 

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする