全国からやってくる南三陸高校生の寮「旭桜寮」が完成

2070

2023年度から学校名「南三陸高校」へと校名変更する宮城県立志津川高等学校。宮城県内初となる生徒の全国募集のモデル校となり、全国からの学生の受け入れ準備を進めてきました。親元を離れ暮らすことになる学生の拠点となる学生寮「旭桜寮」が南三陸町志津川地区に整備され、2月16日(木)に竣工式が執り行われ、神事によって完成が祝われました。

実際に入寮した生徒による寮紹介映像が完成しました!是非ご覧ください!(2023.7.8追記)

「アイルーム南三陸」を移設整備して完成した高校寮

入谷地区で営まれていた「アイルーム南三陸」の2階3階部分を志津川地区に移設し学生寮として整備しました。アイルーム南三陸は復興作業に携わる方々に向けて整備されたビジネスホテル。

復興工事の終了に向かっていくことに伴い、2021年8月末に営業を終了していましたが、分割・移設し再利用することができるモジュール工法の特性を生かし、2022年2月に町と協定書を結び、高校寮完成へ動いてきました。

「アイルーム南三陸」の2階3階部分を移設した 画像提供:南三陸町観光協会

安心安全を優先し、生徒が快適に過ごせるよう配慮

建設された寮は鉄骨2階建てで、1階は食堂や自習室、多目的ルーム、ランドリー室などがあり、2階はバストイレ付きの個室が24室設けらています。

寮母・管理人が住み込み、学校との連携を図るコーディネーターも寮暮らしの生徒への食事の提供や生活面でのサポート、セキュリティ対策も施され、生徒が安全に暮らせるサポートが実施される予定です。

高校までは徒歩25分ほど。BRT志津川中央団地駅に隣接しており、周辺には南三陸図書館(生涯学習センター内)、スーパー、薬局などもほど近く、生活していく上での利便性も高い場所です。

個室なのでプライバシーも確保
ユニットバス付き
各部屋に施錠できるのでセキュリティも安心
食事面でのサポートも充実
食堂も広く開放的
BRT志津川中央団地駅のすぐ裏手にありアクセスも良い

一度しかない青春を過ごす場に

「アイルーム南三陸」を運営していた株式会社アズ企画設計の代表取締役松本俊人さんは竣工式に出席し、「震災の復興が順調に進み弊社が経営していたホテルの再利用として、高校寮として活用できることを非常に嬉しく思う。寮の完成、全国募集がきっかけとなって南三陸地域の発展を願っている」と話しました。

これまで町では3度にわたって県外募集の生徒向けにオープンキャンパスを実施しました。県外から5名が入試に出願。3月の一般入試に合格すれば晴れて南三陸高校生として、この旭桜寮で3年間を過ごすことになります。

佐藤仁町長は「生まれ育った町を離れて、南三陸を選んでくれた。たった一度の青春をここで満喫してほしい。町としても全面的にバックアップするので、有意義な時間を過ごしてほしい」と話しました。

いいね!して
南三陸を応援

フォローする