「聞いでけさいん町長さん」で見えた町長と住民の距離の近さ

聞いでけさいん町長さん で見えた町長と住民の距離の近さ

「聞いでけさいん町長さん」は、その名の通り、住民が町長を招いて、政策についての疑問・要望をぶつけることのできる制度です。今回「NPO法人びば!!南三陸」が町長を招いたとのことで、取材に伺いました。

「南三陸らしさ」とは?第3回南三陸町総合戦略推進会議のようす

「南三陸らしさってなんだろう」 これを突き詰め続けた3時間。 ...

南三陸町総合戦略推進会議

本日は8月25日に開催された第2回南三陸町総合戦略推進会議の模様をお伝えしま...

南三陸町まち・ひと・しごと創生ワークショップ

現在、南三陸町では地方創生・官民連携推進室が中心となり 人口減少が進む中、目...

南三陸ブランド戦略協議会

南三陸といえば水産業。 新鮮・豊富な海の幸が一番の自慢ですが、そうはいっ...

みやぎ地域復興支援会議

先日11月4日、気仙沼市役所ワン・テン庁舎にて行われた 『第2回 みやぎ地域復...

南三陸町議会と住民との懇談会

今朝は一段と冷え込み、霜や薄氷も見られました。 もう冬ですね。 さて、南...

第2回 みやぎ地域振興支援会議の開催について

来る11月、気仙沼市役所にて開かれる地域づくり会議についてお知らせいたします。 ...

志津川市街地 グランドデザイン報告会

5月26日、夕刻。 ベイサイドアリーナにて 『志津川市街地グランドデザイン報告...

行政区長・行政連絡員合同会議

4月某日、昼過ぎ。 雨にもかかわらず、町役場駐車場がにわかに賑やかになりました...

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

自然とともに、寄り添う暮らしを。/中島綾子さん

自然や健康に配慮した食べものや飲み物、地の素材を生かした手作りの工芸品、子どもたちがからだを使って自由に遊びまわれる遊び場に、心地よい音楽や趣向を凝らしたワークショップなど丸一日楽しめるイベントが開催される。春から夏に移ろう、彩り豊かな南三陸の里山で、この土地の恵みをギュッと凝縮した「ひころマルシェ」。2018年から同マルシェの実行委員長を務めている中島綾子さんに、開催に向けた想いを聞きました。

南三陸のまちづくり