ここが僕たちのふるさと!/小野寺翔くん・三浦貴裕くん

南三陸に生きる⼈を巡り、⼀巡りする連載企画「南三陸ひとめぐり」。第11弾は、戸倉地区の同級生、小野寺翔くんと三浦貴裕くん。震災から6年、20歳となって迎えたこの春、二人はそれぞれの道を歩み始めました。

スクラップし続け6年。まもなく100冊に/越後圭子さん

南三陸の研修宿泊施設「南三陸まなびの里いりやど」の交流スペースの本棚には、震災直後から6年以上、被災地に生きる「人」の記事を集めたスクラップブックがみっちりと並んでいます。まもなく100冊を迎えるこのスクラップブックを寄贈した越後圭子さんに話を伺いました。
南三陸の桜の名所

南三陸の桜の名所に桜が咲き誇りました!

長い東北の冬が明け、南三陸には春の息吹が訪れています。4月半ばには桜前線が南三陸にも到達。震災前から変わらず、そして震災後の激動の町を横目に佇んでいた淡いピンクの花が、今年も見事に町を彩りました。

「恩返し」の一心で奮闘する派遣職員/佐藤守謹さん

南三陸に生きる⼈を巡り、⼀巡りする連載企画「南三陸ひとめぐり」。第10弾は、朗らかな笑顔の若手農家…かと思いきや、役場職員の佐藤守謹さん。妻子を実家に残し、派遣職員として奮闘する佐藤の思いに迫ります。
串と音楽でアゲアゲの町に!/串カツいじり 井尻一典さん

串と音楽でアゲアゲの町に!/串カツいじり 井尻一典さん

南三陸に生きる⼈を巡り、⼀巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第五弾は、歌津地区で串カツ店を営む井尻一典さん。音楽フェスの実行委員長も務める井尻さんの素顔に迫ります。
さんさん館

さんさん館のさんさんってなに?

かつて小学校だった廃校が、グリーンツーリズム体験のできる<校舎の宿>として生まれ変わった「さんさん館」。ところで、南三陸でよく聞く“さんさん”ってなに・・・?

ボランティアで人の暖かさに触れて / 移住者 高橋愛さん

南三陸に嫁に来た方を巡って、普段の思いや生活を紹介する「嫁めぐり」。今回は、他県から移住し、南三陸町民になった方をご紹介します。静岡県熱海市出身で現在1児のママになった高橋(旧姓佐々木)愛さん(25歳)。

南三陸ねぎって知っていますか!?長ネギの美味しさに迫る! おすばでジ...

ミス日本酒宮城の池田かほりです!突然ですが、南三陸ねぎって聞いたことありますか? 南三陸町では「南三陸ねぎ」として、長ネギの産地化に取り組んでいます。 さらに、南三陸町では、生ゴミから液肥(液体肥料)を作る取り組みをしています。今回はその液肥を使って栽培された長ネギの秘密を探っちゃいます!
話題の缶詰!魚市場キッチンへ潜入 おすばでジャーニー#3

話題の缶詰!魚市場キッチンへ潜入 おすばでジャーニー#3

目の前には、きらきら輝く志津川湾。今日も元気な魚市場キッチン♪南三陸町のみなみな屋、そして東京 高島屋の物産展と全国的にも大人気のあの缶詰工場へ潜入してきました!
病を乗り越え、漁師×絵描きの二⼑流!/浅野健仁くん

病を乗り越え、漁師×絵描きの二⼑流!/浅野健仁くん

南三陸に生きる⼈を巡り、⼀巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第三弾は、歌津地区で四代⽬の漁師を担う浅野健仁くんを紹介。子どもの頃から病と闘いながら、絵描きとしても活躍する彼の姿に迫ります。

今週の人気記事