video

【36NEWS】2019.12.29 おすばでまつり

南三陸の年末の風物詩「おすばでまつり福興市」が開催されました。 「酒の肴・つまみ」を意味する「おすばで」を求めて、早朝から多くの人で賑わいました。

賑わいづくりに!「南三陸こどもスタジアム」オープン!7周年を迎える福興市も同時開...

4月29日(日)に、荒島・楽天パークにて「南三陸こどもスタジアム」オープニングセレモニー&スポーツ体験イベントが開催され、多くの家族連れで賑わいをみせていました。また同日には7周年を迎えた第78回志津川湾「ほやまつり福興市」が開催され、大きな賑わいを見せた一日となりました。

「応援してくれる仙台の方への感謝を込めて」南三陸福興市in仙台 勾当台

4月18日(水)、仙台の勾当台公園で「南三陸福興市in勾当台」が開催されました。南三陸自慢の海産物、この春話題の観光情報もPR。いつも応援してくれる仙台市民の方々が集まる中、震災からわずか1カ月後に開催されこの4月で7周年を迎える福興市が開催されました。

JR仙台駅で南三陸町の魅力を発信! 3日間大盛況『福興市2018 in仙台』

2月2日~4日の3日間「南三陸町福興市2018 in仙台」が開催されました。JR仙台駅での物産展は今年で6回目。セレモニーでは、佐藤町長から「ぜひ南三陸町にも足を運んでほしい」と開会の挨拶がありました。

年の瀬名物「おすばでまつり福興市」。新名物も誕生!?

12月29日に毎年恒例の「おすばでまつり」が今年も福興市と合わせて志津川湾仮設魚市場で開催。海のそばの会場では、年越し・お正月用品を浜値で買い求める人たちでスタート前の早朝から賑わいをみせていました。

「笑顔で感謝!南三陸 福興市in仙台」レポート~皆を笑顔に!商店主の思い~

南三陸の復興を象徴するイベント、その名も“福興市”。そこには笑顔を届けている商店主がいて、人々の“輪”を繋げています。今回はその“福興市in仙台”をレポートしました!
5周年を迎えた福興市、舞台裏はたくさんの人に支えられていた(第56回志津川湾ホタテまつり福興市)

5周年を迎えた福興市、舞台裏はたくさんの人に支えられていた(第56回志津川湾ホタ...

毎月恒例の福興市が、今月も盛況に開催されました。東日本大震災から約一ヶ月という早さでスタートした福興市。今回は、その舞台裏を中心にお届けします。

ついに晴れた!(第54回牡蠣・わかめまつり福興市)

第54回牡蠣・わかめまつり福興市が開催されました。

第53回 志津川湾寒鱈まつり福興市

夜中降り続いた雪で、朝起きると一面の銀世界でした。 今季初の積雪らしい積雪を記...

おすばでまつり福興市

月末の最終日曜日に行われる福興市ですが、先月はおすばでまつり と同時開催でした...

今週の人気記事

南三陸のニュース

追悼と継承の場に。震災復興祈念公園一部開園

八幡川西側の区域に整備していた「震災復興祈念公園」が12月17日に一部開園。東日本大震災の犠牲者を悼み、その記憶と教訓を風化させることなく次の世代に受け継いでいく場として期待されています。

最新の連載記事

今年も元気に越冬中!絶滅危惧種のコクガンが多く飛来しています

2018年10月に「ラムサール条約」に登録された志津川湾。その象徴のひとつでもある「コクガン」が今年も北極圏から越冬のために南三陸町にやってきています。豊かな藻場や安定した環境が絶滅危惧種のコクガンにとっても快適な居場所となっています。

南三陸のまちづくり