「南三陸・海のビジターセンター」(仮称)安全祈願祭

421
2月16日、戸倉波伝谷地区の漁港沿いです。
漁港のそばには、「宮城県志津川自然の家」のカッター艇庫があります。
ここは震災前、南三陸町の施設「南三陸町自然環境活用センター」(ブログの過去記事)があった付近。
地域の自然に触れて学べる場として多くの人たちに活用されていた施設でしたが震災による津波で全壊しました。
けれども、同じ場所に環境省の事業「南三陸・海のビジターセンター」が建設されるということです。
同省では三陸復興国立公園のプロジェクトの一環で、南三陸町の他に石巻市にも
『自然環境や地域の暮らしを学ぶ活動の拠点』としてビジターセンターを
設置するということです。
この日は、工事の安全祈願祭が行われました。
地鎮の儀で鍬入れをしているのは東北地方環境事務所の坂川所長です。
玉串奉奠の佐藤南三陸町長。
工事の安全を願って!緊張感で身が引き締まる後姿です。
付近には戸倉神社もあります。朱色の鳥居が鮮やかでした。
新しい道路の建設も行われ、整備が進んでいる様子が見てとれます。
宮司の祝詞の中に、『震災を伝える場として、地域の人たちの集いの場として』
という言葉がありました。
いろいろな人が訪れて、長く愛される施設になることを願います!!
(西城)
より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓


  

いいね!して
南三陸を応援

フォローする