「山さ、ございん」プロジェクト

89

 

まずご報告を。
先日、南三陸町内の森林 計1,314.85ヘクタールが
FSC(Forest Stewardship Council(R):森林管理協議会)における
FM(ForestManagement)認証を取得しました。
「適正に管理されている優れた森である」という国際的な証しです。
おめでとうございます!
取得前より、町内の林業関係者は国際認証のブランド力を見込み

町の材を広く売り出すための準備を進めてきました。
その一つが「山さ、ございん」プロジェクト。
南三陸の杉に注目し、その保護と育成、木材としての活用はもちろんのこと
地域の自然の魅力でファンを増やし交流人口拡大までも目指すという
山を舞台にした大プロジェクトです。
中でも一番に着手したのが人材育成です。

「山さ、ございん」ではこの秋より『南三陸杉デザイン塾』を開催しています。
こちらは8月に開かれたオープンセミナーの様子。 

集まったのは町の林業に興味を持つ80余名。
登壇者の講演では南三陸杉の特性・歴史、地域環境への影響力の他
復興計画の中で計画されている杉の活用方法等についても触れられました。
その多方面での魅力に、早速入塾を申し込む方もいたようです。 

同塾は9月より本格開校し、

南三陸杉から魅力あるインテリア・建物・雑貨を生み出す人材を育てるべく
講義や視察を重ねているそうです。
町の山の代名詞ともいえる南三陸杉。
締まった目と美しい色味を持つ良材が、さらに国際認証というお墨付きを得ました。
今後の展開に期待したいですね。

■「山さ、ございん」プロジェクト サイト http://yamasagozain.com/
(日比谷)
より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓

いいね!して
南三陸を応援

フォローする