自然育ちなパワフルたまご。自然卵農園

456

4月27日月曜日。春を感じる気持ちの良い陽気の一日。

歌津の田表にある「自然卵農園」さんを訪れました。

さんさん商店街の「自然卵のクレープ」屋さんの運営する牧場です。

クレープ屋さんの記事はこちら → <前編><後編>







こちらの牧場は平成25年3月に小屋を作り始めることろからスタートされましたが

なんでもその前は、北海道にて一から養鶏を学んだそうです。







農園代表の大沼さんは当時を振り返ってこう語ります。



「男は弱いもんで、震災直後の頭の中は真っ白だった。気力がなかったんです。

 人のご縁でお声掛けをいただき、かれこれ2年いました。

 北海道に家族で移り住んで1年経ったころ、近くに個性的な自然牧場がありまして、

 やりがい・生きがいになりそうだと思いましたし

 “そろそろ帰ることも見据えなきゃない”ということで養鶏を学びました。」







特徴は、平飼いで太陽の日を浴び元気に走り回って育てていることと、

クスリを使っていないこと、さらに地元産のエサを使っていること。

穀物は県内産のものを調達し、他に南三陸でとれるイサダの粉末や、

砕いたわかめ、立派すぎて売れない小松菜を混ぜ込んでいます。



エサの独自調達ルートを構築するのはなかなか大変だったそうですが

ほぼ100%、南三陸を中心とした宮城県産のものになりました。

水も田束山の脇水や伏流水の井戸水を使っています。







本当は放し飼いをしたいそうなのですが、さまざまな獣害の危険性があるため

そこには至っていません。








現在120羽の鶏たちは、午前中に1日60個前後の卵を産み

その9割がクレープ屋さんで原料として使われますが、

残りの一部は、卵のまま直販したり、お宅へ宅配したりしています。



価格は1個50円。さんさん商店街では6個入りと10個入りを販売しています。

10個以上であれば宅配も承っています。








実際に購入して試してみましたところ、

普通のスーパーで市販されている卵よりも味やうまみが濃厚で、

生卵特有のネットリ感も少ないので、生卵かけごはんがおススメです♪





(自然卵は写真左。つまようじを刺してもしっかり立っています。)



そんな自然卵農園の課題は移転先の確保。



「三陸道の工事がはじまり、騒音、ダンプ車の影響を少なからず受けています。

 自分の敷地のすぐ隣で工事が始まるなんて知らなくて

 高台移転との兼ね合いがあり、移転できる土地がまだ見つからないんです。

 本当はいまの2倍の小屋が必要でまだ足りないので、

 無事に移転できたらもっと広い小屋と多くの鶏を飼育するつもりです。」(大沼さん)





(獣害防止のため24時間警備をしている番犬2匹と、大沼さん)



毎日エサを与えるうちに自然と愛着がわくそうです。

自然卵農園は、鶏も人間も幸せな牧場でした。

クレープ屋さんも応援しています。





■自然卵農園株式会社

南三陸町歌津字田表15

0226-25-9799

(安藤)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする