春つげわかめまつり

37

3月8日日曜日。

歌津地区伊里前の朝は護摩の煙と共に始まりました。

炎が鎮められたのち、人々が向かったのは伊里前福幸商店街です。


3月恒例「春つげわかめまつり」。
この日のために2tのわかめが用意されました。
商店街に集まった人、人、人。
目玉のわかめ詰め放題のテントにも行列ができています。


場内では他にもわかめ汁やわかめしゃぶしゃぶ、飾りのり巻きが振るまわれ
人々をお腹の中から暖めます。


もちろん、販売ブースも元気です。



ミュージシャンやゆるキャラ、ご当地ヒーローの皆さんも駆けつけてくれました。




『南三陸わかめの唄』で大人気の亜KIRAさんも登場。
亜KIRAさんは今回「南三陸なう」のインタビューにも応えてくださいました。
そちらの模様も近日中にご紹介しますので、お楽しみに(^^)

この場所では4回目となる『春つげわかめまつり』には
町に長く暮らす人をはじめ、この4年間で町に移住した人、町に通うようになった人、
そして町に帰ってきた人々の姿がありました。
失ったものの大きさを受け止めながら、町は懸命に新たなものを育もうとしています。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で