きっずるーむボイス

237

とある早朝、志津川地区田尻畑。
菊畑に囲まれたコンテナハウスから電子ピアノの音が聴こえてきました。

ここは一時託児施設『きっずるーむボイス』。
運営する一般社団法人VOICE代表理事、
小川紗絵子さんにお話を伺いました。

長崎県出身の保育士 紗絵子さんは
2013年6月、初めて南三陸を訪れました。
託児所のボランティアとして活動する中で
若いお母さんたちの抱える悩みを知ったのだそうです。

「お母さん方の働き方はパート勤め・シフト勤務・家業手伝いなど様々です。
 町にはいくつかの保育所・幼稚園があるのですが、
 預かり時間が平日日中に限られていたり
 雇用形態によって入所のしやすさが違うなど、
 お母さんの多様なニーズに応えるのに充分とは言えない、と感じました。」

育児環境は人口の増減にも直結します。
お母さんと子どもたちを助けたい。のんびりしている時間はない。
2014年3月、紗絵子さんはたった一人で
『一般社団法人VOICE』を起ち上げました。

「今の主な活動内容はお子さんの一時預かりです。
 例えばお母さんの勤務時間と幼稚園の通園時間のあいだの隙間保育ですね。
 今日来てくれている5歳の女の子は、
 こちらで2時間お預かりした後で幼稚園へお送りします。」

女性が集まる場での託児スペース作りなど、単発のお仕事も引き受けています。
お母さんたちと談笑しながら子どもを見守る姿は
まるで親戚のお姉さんのようです。


故郷から1,500km離れた土地で20代の女性が起こした事業。
周りの誰もが紗絵子さんを心配しますが
彼女の目線はあくまでもお母さんと子どもたちに向けられています。

「ママたちのため、子どもたちのために
 私にできることはこれしかないと思っています。
 ママたちの不安が取り除かれる日がくるまで
 この町で頑張っていくつもりです。」

『きっずるーむボイス』が明るい声の弾ける場所となるよう、願ってやみません。

■一般社団法人VOICE facebookページ
 https://www.facebook.com/voice0531

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする