戸倉地区 戸倉団地造成工事(着工から4か月)

195

町内28団地で進む防集団地整備。
今日は戸倉地区 戸倉団地の造成の模様をお伝えします。
(安全祈願祭ご紹介の際の記事はこちら)

旧戸倉中学校近くから山へ入った先が団地予定地です。
既に林が切り開かれており、広い土地を見渡すことができます。

総面積およそ14ヘクタール。
住宅95戸と災害公営住宅、小学校の建設が予定されています。

住宅予定エリアでは掘削作業中でした。

土や岩盤片を運び出すために現在20数台の運搬車両が出入りしているとのこと。
団地内の国道工事が始まれば、その数はさらに増えることになります。
現場内では事故防止のための教育を徹底中。
毎日2回、所長自ら巡回指導に当たっていらっしゃるそうです。

こちらは公営住宅予定地から望む海。

所長のお話によれば
造成完了後も、団地内からはポイントによって海が見えるだろうとのことでした。

まずは今年度末の戸倉小学校・公営住宅予定地引き渡しへ向け、工事は進みます。
工事に関わる皆様の安全を祈ります。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする