災害廃棄物処理施設 終了祭

66

2014年3月24日。
戸倉地区にて、災害廃棄物処理施設の閉場に伴い
終了祭が行われました。


(以前ご紹介した記事はこちら→2012年12月26日 2013年9月17日)

2012年3月に最初の土砂が運び入れられてから2年余。
素材も様々な災害廃棄物がここで選別され、
リサイクルや焼却などの処理が行われてきました。
その総量は66万トンに上るそうです。

処理施設はすでに解体され、
耕地への復旧作業も3月末までに完了の予定。

施設跡には今、コンクリート片や塩害木ではなく
これからの町を支える土が積まれています。

あの日から3年。
また1つ、町は新しい歩みを進めます。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする