桃梨ライブ100幕

83

皆さん、冬の準備はお済みですか?スノータイヤの交換はお早めに。

町内で度々掲示されている「桃梨被災地ミニライブ」のポスター、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

「桃梨(ももなし)」というユニット名で音楽活動を行なっているのは歌の上村美保子さん、ベースのJIGENさんのお二人。全国を飛び回る日々の中、2011年5月から続けてきた東日本大震災被災地でのライブが先日10月30日、100回目を迎えました。

100回目会場の志津川高校第二体育館は第1回目の被災地ライブが行なわれた場所でもあります。

「今日は若さを吸い取っていきますからね!」当時避難所として使われていた体育館は今、制服姿の志高生でいっぱいです。

以前のライブを聴いてファンになりました、という子も多く1曲目から手拍子が響きます。
この日の演奏曲は5曲。定番曲「両手に願いを」が流れると美保子さんの合図で場内一斉に両手が挙がりました。

避難所からスタートしたミニライブ。この2年半、幼稚園、10世帯ほどの仮設住宅など規模や場所を問わず開かれてきました。開催回数が100回にも上った理由は「誰にでも聴いてもらいたいから」だそうです。

「自分たちの役割は交流の場作りだと思っています。普段閉じこもりがちな人でも、音楽を聴きに家を出てきてくれるように。そのために私たちにできることは、いいエネルギーといい演奏を届けることだなと。」

「ライブはこれからも継続します。エネルギーは皆さんから貰うばかりで、尽きないですね。演奏を聴いて「スッキリしたー!」と言ってくださるお年寄りもいるんですよ(笑)。」

毎回東京から機材満載の軽自動車で乗り込んでくるという桃梨のお二人。これからも東北中のファンが到着を待っています。

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする