南三陸ふっこう青年会

171

涼しい風が吹いてきました。
南三陸町は早くも秋の気配です。

「故郷を蘇らせたい」と願う若い人たちが
いま被災地各地で地域活性に取り組んでいます。
今日はそんなひとつ、「南三陸ふっこう青年会」をご紹介します。

南三陸ふっこう青年会
2011年12月、町内出身の同級生同士で発足した非営利団体です。
現在登録メンバー20名以上、その多くが30歳前後。
漁業、飲食業、IT関連と本業は様々ですが
“まちづくり”のプロなど1人もいません。

「やっぱ子どもに夢を」
「上の世代にも認めさせなきゃなんねえし」
「これまで助けてくれた人たちにお礼もしたいし」

多すぎる課題に頭を抱えつつも
イベントの主催や福興市への出店等、
休むことなく町の賑わいを作り続けてきました。



こちらは今月14日、ふっこう青年会主催で開催された
「大(メガ)盆踊り大会」の様子です。
今を生きる人々と戻ってきた魂たちが、共に夏の夜を楽しみました。

メンバーのお1人に「団体の最終目標は?」と質問したことがあります。
彼は「町民運動会」と答えてくれました。
南三陸はいくつかの町・村の合併を経て現在の形になった町です。
今も遠方の地域とは関わりが薄い場合があり
町内全員で楽しむイベント、というものがありません。

「俺らが子どもの頃は旧町村ごとに運動会を開いていて
 毎回集落対抗で盛り上がってた。
 それを南三陸町全体の運動会として行なって、
 今の子どもたちにも俺らと同じ楽しい思い出を作ってあげたいんだ。」

クリスマスにはサンタに、節分には恐い鬼に扮し
「夢を持てる町を作りたい」と活動を続ける南三陸ふっこう青年会。
彼らのような若い世代が、今後町の中心となっていくのでしょう。

ですよね?

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする