沖縄まで旅をしたポスト

173

いつも大切な手紙を届けてくれるポスト。
しかし、そのポスト自身が遠い地へ届けられたとしたら・・・?

沖縄・西表島の砂浜で傷だらけのポストが見つかったのは
2012年の暮れのこと。
調べると、
もとは南三陸町歌津地区のコンビニエンスストアに立っていたものと分かりました。
津波によって流されたポストが21ヵ月をかけて日本の南端にたどり着いたのです。

南三陸から西表島まで直線距離で約2,400km。
海流に乗ってアメリカ大陸沿岸を回ったのでは?と言う人もいて
実際はどれだけの距離を旅したのか見当もつきません。

そしてポストは沖縄県八重山諸島、日本郵政ほか多くの方の協力によって
南三陸町へ帰ってくることとなり、
先週8月11日、歌津復興夏まつりの会場にて返還式がおこなわれました。

魚竜ウタツサウルスと町の子供たちに連れられ
ポストが伊里前の山を下りてきます。


「ポストくんおかえりコンサート」には
町の三線チームやBEGINの皆さんなどが出演し
会場を人で埋め尽くす盛況ぶりを見せました。


「あきらめるな、というポストからのメッセージを感じます。
 復興に臨み続けている町の人々の気持ちにも弾みがつくでしょう。」
と佐藤町長。

町を勇気づけ、また新たな縁を生んだポストは
当面平成の森にて保管されるとのこと。
故郷の地で、ほっと一息ついてくれることでしょう。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする