ミナミサンリク移住カフェせきららVol.3「おうちにいながら南三陸を満喫!?インドア派移住者」

467

南三陸町に移住した人たちがざっくばらんに本音トークを繰り広げるライブ配信コンテンツ「ミナミサンリク移住カフェせきらら」の配信がYouTubeLIVEで8月11日(水)に行われました。3回目となる今回は、大自然に囲まれた南三陸で“インドア”にこだわって生活する移住者のみなさんが登場。室内にいながら南三陸の魅力を満喫する方法とは?コロナ禍でステイホームが叫ばれる中、充実したおうち時間を過ごすためのヒントがちりばめられていました。

インドアにとことんこだわった移住者が集合!

前回の配信では南三陸で海も山も遊び尽くすアウトドア派移住者をお招きし、南三陸の自然の魅力についてたっぷりと語っていただきましたが、今回はうってかわっておうち大好きというインドア派のみなさんが集合。

今回はおうちをイメージしたセット。みなさんリラックスした様子で参加されていました。

まずは今回お越しいただいた3名のゲストに移住のきっかけ、そして南三陸でどんなインドアライフを満喫しているのか伺いました。

岩手県一関市出身の佐藤孝範さんは震災後、支援活動で南三陸町に通ううちに町の魅力に惹かれ(特においしい海産物!)移住を決めたそうです。2015年に移住、映像やデザインの制作会社を立ち上げ、今年4月には町の中心部に自宅兼事務所を構えました。自慢は事務所にある7.1chスピーカー装備のシアタールーム。加入している9つのサブスクリプションをフルに活用し、おうち時間を充実させているそうです。

佐藤さん自慢のシアタールーム

また、さすが映像制作会社とあって、南三陸の美しい風景の楽しみ方も独特。ドローンを飛ばし、ほぼ屋内にいながら絶景をめでるという離れ業も披露してくださいました。

6~8月に吹く偏西風「やませ」によってできた低層雲をとらえた1枚。ドローンで撮影。

東京都出身の星野奈々さんは学生時代に震災ボランティアで4年間南三陸町に通い、2016年大学の卒業と同時に移住。ボランティアで子どもたちに勉強を教えていた経験などを活かし、現在は南三陸町でダンススクールを運営、子どもたちにダンスの楽しさを伝えています。もともとカフェ巡りが趣味という星野さん。コロナ禍でおうち時間が長くなる中、自宅をよりおしゃれで居心地のいい空間に作り上げることにハマっているそうです。

まるでカフェのような星野さんの自宅は公営住宅とは思えないおしゃれ感。都会に比べて安く広い家が借りられるので、部屋作りにこだわるという新たな趣味ができたと話します。

佐藤加奈子さんはUターン移住者。もともとこの町が大好きだという佐藤さんは高校卒業後、お隣の登米市に就職しましたが、南三陸の景色や人が恋しくなって1年で退職、南三陸のためになにかしたいと現在は南三陸町観光協会に勤めています。おうちではゲームをしたり、居心地のいい部屋にするためDIYも手掛けるんだとか。

自分で作ったという棚。寝ながらなんでもできるよう、特にベッド周りを充実させたそうです。

室内にいても南三陸の魅力は堪能できる!

普段の過ごし方などを一通り聞いたところでカフェ店長の藤田さんから一言。

「家で動画を見たり、ゲームをしたり、カフェ巡りをするのって都会も田舎も変わらなくない?」

この質問に3人からはインドア派なりの楽しみ方があるんだと意見が飛び交いました。まず、カフェ巡りが好きだという星野さん。「東京のカフェはどこも混んでいて、待ち合わせの場所や時間をつぶす場所でしかなかった。でもこっちではゆっくり本を読んだり、考え事をしたり、自分だけの時間が過ごせる。これは都会ではできないことだ。」と熱弁をふるい、佐藤可奈子さんは、「ゲームで疲れたときにふと窓の外に見える南三陸の景色に毎回感動!大好き!」と南三陸愛を語りました。佐藤孝範さんも「都会で季節を感じるものと言えば、ショーウィンドウや街で流れるBGMだが、南三陸は生活圏と自然が近いので、インドアでも窓の外や車で移動中の外の景色に癒されたり季節のうつろいを感じることができる。」とインドア視点からの南三陸の魅力が次々と語られました。

ご近所からいただく新鮮な野菜や海産物でも季節を感じるそう。ウニをいただき、家にいながら南三陸の夏を満喫したと話す星野さん。

南三陸は何気ない日常に自然が溶け込んでいるため、いつでも美しい風景や自然の豊かさを感じられる、それを部屋や車の中から楽しむか、外に出かけてアクティブに楽しむかの違いだけで、南三陸を満喫していることには違いはありません。インドア派でも大自然や旬のおいしいものを十分に満喫できる南三陸町の魅力を改めて感じた1時間でした。

移住者の本音を聞き出す「ミナミサンリク移住カフェせきらら」、次回は9月11日(土)20時からYouTube「南三陸なうチャンネル」でライブ配信の予定です。ゲストは南三陸町で活躍する地域おこし協力隊のみなさん。町の魅力を発信したり新たな特産物の開発などに奮闘するみなさんの取り組みをご紹介します。次回の配信もお楽しみに!

 

※「ミナミサンリク移住カフェせきらら」とは?

南三陸町移住・定住支援センターと町公式メディア「南三陸なう」が共同企画し、毎月11日にYouTubeLIVEにて座談会を実施、南三陸町に集うさまざまな移住者の姿をお伝えするライブ配信コンテンツ。自らも移住者でこのカフェの店長を務める藤田岳さんが毎回テーマに合った3人の移住者をゲストに迎え、移住のきっかけや暮らしながら見えてきた町の魅力、時には不便さなど、率直なせきららトークを聞き出します。

「ミナミサンリク移住カフェせきらら」アーカイブ映像

vol.0「南三陸移住の今を知る」

vol.1「なぜ埼玉県民が南三陸に惹かれるのか?」

vol.2「山も海も遊び尽くす!アウトドア移住者大集合」

vol.3「おうち時間が好きインドア派移住者」

いいね!して
南三陸を応援

フォローする