南三陸の“美味しい”が集結!「さんさんマルシェ」

563

「さんさんマルシェ」は「南三陸さんさん商店街」にある産直のお店です。2020年3月3日にオープン3周年となる「さんさんマルシェ」のコンセプトや魅力、こだわりなどを、店長の中村悦子さんに伺いました。

南三陸の山海の幸がずらり。こだわり卵のスイーツも人気

「南三陸さんさん商店街」の一角にある「さんさんマルシェ」。“南三陸町のセレクトショップ”として、町内・周辺地域の農産物・海産物や加工品などを扱っています。店内には、南三陸らしいドリンクやデザートを提供する「VegeCafe(ベジカフェ)」も。特に週末はおみやげを買いに来る観光客でにぎわいます。

さんさんマルシェの入り口。太陽マークの看板が目印だ
入るとすぐに南三陸町産の旬の野菜が目に入る
南三陸産のタコやカキ、ホヤを使用した人気の缶詰
ワカメも充実のラインアップ。どれを買おうか目移りしてしまう

魅力的な商品がずらりと並ぶ店内は、見ているだけでも楽しめます。農産物・海産物だけでなく、スイーツも人気。目玉商品は南三陸地鶏卵「卵皇(らおう)」を使用したクレープやプリン。濃厚な味わいが大好評で、入荷後すぐに売り切れてしまうことも…。

「卵皇」を使用したスイーツたち。この日クレープはすでに売り切れていた

南三陸の魅力がギュッと詰まった、わくわくする場所

さんさんマルシェを切り盛りするのは、中村悦子さん。2019年5月から店長を務めています。仕入れをしたり、生産者さんとやり取りをしたり、営業に出たりと、業務内容は多岐にわたります。

「こういう仕事をするのは初めてでしたが、おもしろそうだなと思って挑戦しました。ものを売って利益を出すのは大変ですが、自分が考えたことを実現できるのは楽しいです!」と笑顔で話す中村さん。

さんさんマルシェの店長、中村悦子さん

「さんさんマルシェは一般的な産直とは少し違って、ちょっと変わったものも置いているんです。たとえば、南三陸で採れた化石のガチャガチャが店頭にあったり…。食べ物だけでなく、いろいろな形で南三陸の魅力を発信していきたいと思っています」と中村さん。「このマルシェは色々なことができる場なので、どんどん新しいことにチャレンジしていきたい。月に一度フェアも企画しようと考えています」と話します。

「今後の目標は、農産物やスイーツの品ぞろえを充実させること。店長としての私に期待されているのは生産者さんを集めることなので、南三陸町だけでなく石巻市や登米市などの近隣の生産者さんにも積極的に声をかけています。自分が集めた商品をお客さまが買って頂くと、やりがいを感じますね」。

登米から仕入れている「人は登米のだし」は大人気の商品

「また、犬連れのお客さまにやさしい”ドッグフレンドリー“なお店にすることを考えています。犬を連れたお客さまがけっこう多いので、店頭にリードをつなぐフックを設置し、水を飲む容器の無料貸出を始めました。犬連れのお客さまにたくさん来てほしいと思っています」と中村さん。スタッフもみんな犬好きだそうです。

陳列棚の商品を整える中村さん。売上アップを目指して日々試行錯誤している

さらなる進化や今後の展開が楽しみな、さんさんマルシェ。ちょっとしたお買い物に、スイーツやカフェを目当てに、立ち寄ってみませんか?

「みなさんに楽しく買い物をしてもらえる場になるよう、店長としてがんばります!」

いいね!して
南三陸を応援

フォローする
前の記事2020年2月29日/定点観測
次の記事海がシンボルの町にいつか戻ってきたい。
ライター 小島 まき子
ライター、編集者/通訳案内士。ひと・まち・食・旅をテーマにした取材・執筆および書籍編集を行う。東日本大震災をきっかけに東北沿岸部を訪れるようになり、なかでも南三陸町に魅了され、つながりを深めている。ソーシャル&エコ・マガジン『ソトコト』で東北の“いま”を発信する連載記事「ソトボラ新聞」を執筆中。通訳案内士として、訪日外国人に南三陸の魅力を伝えるツアーづくりが目標。