歌津のいま

71

台風18号の影響による大雨の被害は、大崎市など東北地方にも甚大なものがありました。
被害にあわれた方々に心からお見舞いを申しあげます。

9月10日は雨の合間を見て、定期的に町の様子を見て記録していく、定点撮影に出かけました。
この日は、町内歌津地区でした。
海は大荒れで、波しぶきが白く砕け散っていました。
そういえば、震災後、荒れている海に近づいたことがなかったと、気が付きました。

時折雨がぱらつく中、漁師さんが漁具を海岸から少し離れたところで広げて作業をしていました。
「こんにちはー!」 初めて会う人にもここの人たちは気持ちのいい挨拶をしてくれます。

 

伊里前地区の土地かさ上げもだいぶ進んでいました。
伊里前福幸商店街にある、ナカノ電気商会の奥さんが9月13日のイベント、「ツール・ド・東北2015」に、商店街のみなさんで、カレーを作って提供される話をしていました。
「去年もやって、また今年も作るのよ。」と大変そうだけど、どこか嬉しそうでした。

平成の森管理事務所の前、木々が少し色づいていました。

(西城)

いいね!して
南三陸を応援

フォローする