志津川湾夏まつり福興市 昼編

218
7月25日、志津川湾夏まつり福興市が始まりました。
会場は旭ヶ浦の志津川仮設魚市場周辺。
眼前の海に向かい、黙祷が捧げられます。

今回の福興市には仙台に暮らす町内出身者の皆さんが招待されました。

「町を出て60年、このところ故郷への思いがことに強くなってきています。
 今日はバス一台を貸し切って参りました。
 これからも志津川の発展に貢献いたします!」(在仙志津川会 田畑英伍さん)

エイエイオーの掛け声とともに夏まつり福興市がスタート。
出店も通りいっぱいに並び、どれを楽しんだらよいものか目移りするほどです。




この行列は・・・?


トコヤッサイコンテスト、始まりました!

参戦チームは8チーム。
事前申込者370名に飛び入りのボランティアさん等も加わり、
踊りの列はさらに膨れ上がりました。

熱気の中、踊り手たちが跳ね回ります。






厳正なる審査の結果は・・・

優勝は黒龍会(こくりゅうかい)。
歴史のある地元チームで、昨年からの連続優勝です。
いやあいいですね、旗!(個人的趣味)


準優勝は心輪海(しんわかい)。
戸倉っ子たちとお父さんお母さんが練習の成果を見せてくれました。
心輪海はこの後のステージにも登場、大活躍でした。


第三位は町立志津川中学校。
全校生徒222名が出場、ずらりと並んだ姿は壮観でした!


梅雨明け直前の開催となった今回の福興市。
幸いなことに長雨は午前中で止み、
来場客は夏の昼下がりをまったりと満喫することができました。
次回は夜編をお届けします。




(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で