元気いっぱい!「志津川小学校運動会」

714

雨天のために延期となった翌日の5月17日。

晴天に恵まれ無事に志津川小学校運動会が行われました。







志津川小学校の児童は250名おり、13クラスで学んでいます。

多くの児童はバスを利用して各地域から通学しています。

震災から4年経過した現在も、

「仮設暮らし」あるいは「みなし仮設」での生活をしている方も多い、南三陸町。

歌津地区や町外である登米市の南方(みなみかた)、横山(よこやま)、

柳津(やないづ)等という学区以外の地域から志津川小学校に通う児童もいます。



さぁ、始まりましたよ、徒競走。







「負けてたまるか」と勢いのある走りです。








騎馬戦と綱引きでは両者一歩も譲らず、

最後まで粘りのある戦いでした。









低学年による“ヨーデル隊”の妖怪体操を踊る可愛らしいダンスや

中学年による“よさこい”披露。

みんな一生懸命です!








玉入れは一段と気合いが入り

白熱した応援合戦が繰り広げられました。






流石、高学年です。組体操は乱れのない演技でした。

あまりの完成度に魅了され、ギャラリーから拍手喝采。

六年生女子の一人から「運動会の競技の中で組体操を一番練習しました。」と聞きました。

全員の頑張りが表れていましたよ。









開会式で丸森校長先生がこう言われておりました。



「全力で競技をし、力を発揮して下さい。

 そして友達と力を合わせ、協力する大切さを学んで欲しいです。」



子供たちはそれに応えるように、競技や応援、

係りの仕事も頑張っていました。

この運動会を通し、

たくさんのことを学んだ一日となったようです。



これからの南三陸町を担う子供たち。

私はこの運動会で、子供たちの元気なパワーをいっぱい感じることが出来ました。







(菅原)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする