(株)ヤマウチ ~新入社員さんご紹介~

162

4月24日、晴れの日。

志津川地区沼田にある「山内鮮魚店」にお邪魔してきました。



山内鮮魚店は、南三陸を大切に思い、漁師が命がけで水揚げした魚貝類を

「確かな品質」で、かつ食卓に「笑顔」を届けたいという思いの元運営されている、

地元の方に愛されているお店です。







鮮魚を始め、お肉、お野菜、お惣菜、調味料からお酒類まであり、

品揃えが豊富で、買い物しやすい場所として人気のお店です。








そんな山内鮮魚店に、この春、新入社員として

若いお二人が入社されたそうです。

お一人目、志津川地区出身の齋藤楓稀さん(さいとう ふうき、18)です。

山内鮮魚店内併設のお食事処「静江館(せいこうかん)」勤務です。







齋藤さんが地元で就職を決めたのは、

もともと山内鮮魚店の社長と知り合いで、

約2年前よりアルバイトとして働き、

お世話になっていたのがきっかけだそうです。

地元で働き、今後は調理師を目指して

この町に貢献できるように頑張りたいと語ってくれました。







同僚の先輩方は町内で知っている間柄。

チームワークよく働いていますと話す齋藤さん。

頭に巻いているものは、社長がデザインした“マルニ手ぬぐい”で、

従業員の皆さんが頭や首に巻いており、仲の良さがうかがえます。







「店の一番のオススメは“海鮮丼 一番”で、

 新鮮なうちに美味しいまま食べていただきたいです。」(齋藤さん)



この町の人口増加や観光客倍増につながるよう、

たくさんの方が来てくれたらいいな。と胸の思いを語られました。



お二人目は登米市東和町米谷出身の金野幾美さん(こんの いくみ、18)です。

山内鮮魚店本店すぐそばにある、工場勤務です。







仕事内容は、焼き魚を袋詰めにした後、真空パックをして、

それを箱詰め作業する担当をされています。

「仕事は大変だけれども、楽しいです。」と話す金野さん。

今の目標は“仕事がきっちりできるようになる”ことで、

分からないところは素直に聞くよう意識しているそうです。








震災で影響を受けたこの町で何とか力になりたいと、

南三陸町での就職を決意。山内鮮魚店に就職しました。







「以前の志津川の町の姿、賑やかな町へ復活してほしいです。

 この土地で獲れた魚をたくさん買いたいし、

 海岸沿いも歩きたいですね。」(金野さん)



南三陸町への思いが深くて、金野さんの表情もとても真剣でした。



お二人とも話を聞いていて、若いのにしっかりしていて驚きました。

私よりもずっと大人です!!

新入社員さんの思いを聞いて、今後も応援していきたいと思いました。





■山内鮮魚店

南三陸町志津川字沼田150-35

営業時間 9:00~18:00

0226-46-4976

日曜定休。



■静江館 (山内鮮魚店内)

営業時間 10:00~16:00

0226-46-2159

日曜定休。

(菅原)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で