かごバッグのGrazia

502

寒暖差の大きい季節。
昼は夏日の暑さでも、夜の気温は一桁台。
ゴールデンウィークも上着は必須です。

さて、今日ご紹介するのはバッグのブランド『Grazia(グラツィア)』さんです。

お会いしたのは志津川地区荒砥の遠藤水華里(ゆかり)さん。
同じ地域に暮らす女性と2人、カラフルなかごバッグを製造されています。

震災以後、避難所や仮設住宅では
他地域の団体さん等によるものづくりの指導が行われていました。
技術が身に付けば仕事に繋がります。
バッグの作り方もそこで教わったのよ、と水華里さんは話します。

「私たち2人とも震災で失業してしまっていて。
 育児や家のこともあるし、自宅で仕事がしたかったのね。
 それで一緒に起業することにしたの。」

素材のPPバンドはベトナムから取り寄せました。
ブランド名“Grazia”は水華里さんが可愛がっていた愛犬の名前。
イタリア語で“慈悲”という意味を持っています。
2人は自宅の仮設住宅でバッグを編み、
1000円~2000円前後で販売を始めました。

「最初は厳しいことも言われたよ。
 100円ショップで売ってそうとか、自分は欲しいと思えないとか。
 それで、今の状況に負けたくないって思いで改良していったの。」(水華里さん)

もっときれいに、もっと丈夫に。
ゆがみなく編まれたバッグは置いても安定していて、ハンドルもまっすぐに立ちます。
また編み終わりは巧みに始末され、内側を覗いても見つけられません。
それらの技術は水華里さん曰く「企業秘密♪」なのだそうです。

「相方の女性が研究熱心でね。
 模様編みや色の組み合わせも独自で開発して、バリエーションが広がっているの。」

新作は働く女性向けの縦長バッグ。
強度があるので書類やタブレット端末を入れても安心とのこと。
カジュアルなイメージのかごバッグですが、
このデザインならお仕事で使えそうですね。

バッグの販売は現在、作り手2人の直扱いのみ。
お時間をいただければ色や形のオーダーも可能だそうです。
この日水華里さんの元には何件もの注文が飛び込んでいました。

「被災地から立ち上がったブランドではあるけれど、
 支援ではなく、品質やデザインで選んでもらいたいわよね。」

目指すはココ・シャネル!と笑う水華里さん。
いやいや、冗談ではないかもしれませんよ?

■かごバッグのGrazia
お問い合わせ 090-1497-8816(遠藤)

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする