ノルディックウォーキングin払川

110

皆さんは街中や公園で
スキーのようなポールを持って歩く人々を見たことはありませんか?
それはたぶん『ノルディックウォーキング』という、北欧発祥のエクササイズです。
日本でも数年前から「誰もが楽しみながら運動できる」と人気を集めています。

そんなノルディックウォーキング、ここ南三陸でも愛好家が多いんです。
なにしろ風光明媚な環境。
歩いて見て楽しいコースばかりですからね。

という訳で、10月初めのとある朝。
歌津公民館主催『ノルディックウォーキングin払川(はらいかわ)』に参加してきました。

この日の参加者は13名、多くが町内在住の女性です。
ご指導は日本ノルディックフィットネス協会公認インストラクター 遊佐(ゆさ)先生。
御年60歳とのこと、若々しい!

「ポールは持ちましたか?手のひらのストラップをしっかり留めてくださいね。」
ポールはレンタル可能ですが、洒落たマイポール持参の方多数。

「だって何度も参加してんだもの。」
「神割崎とかひころの里とかさ、春の三滝堂もよかったやー。」

遊佐先生よりストレッチと歩き方の指導を受け、いざ出発です。

この日のコースは払川ダムから川を遡って歌津の里山を歩くというもの。
早朝までの雨が上がり、青空が見えてきました。

季節の花や田畑を眺めながら進みます。



水車小屋も所縁ある大樹も、地元の方にはなじみ深い存在ですが
「あらためて皆と一緒に見ると面白いねえ。」
遠足ですね(^-^)。


「胸を張って腕を自然に振り、ポールの先を地面に引っ掛けるように。」(遊佐先生)

身体がホカホカと温まってきました。
「ポールを使うことでウォーキングが全身運動となり、運動効率が上がるんです。」
さほど辛くもなく、いい汗をかけるのがノルディックウォーキングの魅力です。

緩い坂道を1時間強。
田束湖(たつがねこ)が右手に現れ、4.3kmの道程が終了しました。

「いやあいがった~。」
「来月も志津川自然の家であるのよね。」
「南三陸でノルディックウォーキングのサークル作らいや。」

運動と景色に大満足の皆さん、声がワントーン上がっています。
アドレス交換を始める方も。

「じゃあキートスで締めましょうか。」
全員でポールを掲げる、愛好家にはおなじみの挨拶なんだそうです。
お疲れ様でした!

暖かさ残る今は、スポーツに散策に最適の季節です。
南三陸の短い秋を存分に楽しんでくださいね。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする