南三陸道路 4号トンネル貫通式

265

7月20日。
志津川地区阿曽の現場にて、南三陸道路4号トンネル貫通式が行われました。
(1号トンネル貫通の様子はこちら)




宮城~青森間359kmで整備の進む三陸沿岸道路。
そのうち志津川IC(志津川地区小森)から歌津IC(歌津地区白山)間、
約7.2kmが南三陸道路です。

平成27年度以降、区間南側から段階的に開通の予定。
町を縦断する『命の道路』として完成が心待ちにされています。

中でも今回開通した4号トンネルは
志津川と歌津を短時間で繋ぐための重要な区間です。
開通式には歌津地区より、韮の浜獅子舞(にらのはまししまい)が披露されました。


町指定の無形民俗文化財である韮の浜獅子舞ですが
この日は震災後初めての演舞。
流されてしまった衣装や道具を少しずつ揃え、
祝いの日を待ち望みながら練習を重ねてきたそうです。

開通したばかりのトンネルに復興の音が響き渡りました。
南三陸道路工事の安全と早期完成を切に願います。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする