災害公営住宅~入谷桜沢地区~

363

今日は、災害公営住宅についてご紹介いたします。

町内8か所で予定されている災害公営住宅の建設。
中でも、完成が最も早い入谷桜沢(いりやさくらざわ)地区と歌津名足(うたつなたり)地区では、
以前このブログでもご紹介したように、この夏の竣工を目指し、工事・建設が行われてきました。

*災害公営住宅整備工事の着工式の様子はコチラ、木造災害公営住宅上棟式の様子はコチラ

7月中には災害公営住宅を町へと引き渡し、8月からはいよいよ入居開始となるそうで、
まさに今、急ピッチで作業が進められています。

今回は、入谷桜沢地区をご紹介します。
(配置計画図)

国道398号線から団地への坂を上がっていくと、右手側に木造戸建住宅が9棟並びます。

2階建て4DKが2棟、2階建て3DKが5棟、平屋建て3DKが2棟。
平屋建ては、スロープもあり車椅子にも対応しています。

木造戸建住宅から、さらに坂を上がって行くと、木造の集会所があります。

住民のみなさんの希望や意見を反映するため、くらしの懇談会で話し合いがされてきた集会所。
どんな作りになっているのか、楽しみです^^
(↑2014/11/28のブログへリンク)

集会所の後ろ側には、鉄筋コンクリート造の集合住宅が2棟。

3階建てで、エレベーターもついています。(真ん中の細長い部分がエレベーターです。)
2Kタイプが9戸、2DKタイプが18戸、3DKタイプが15戸の、計42戸。
北棟、南棟共に21戸ずつです。

建設中の北棟前の駐輪場、駐車場の後ろには杉林があり、この杉林は伐採せずに残すとのこと。

木々に囲まれた入谷らしい団地という印象です。

明日は、歌津名足地区の災害公営住宅をご紹介しますね^^

*入谷桜沢地区の災害公営住宅の詳細はコチラ

(高橋)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする