交通安全町民総ぐるみ運動

279

震災から3年、現在東北各地で震災復興事業が進められています。
もちろん南三陸町でも。
住居や河川、国道等、工事の進展が加速するなか、
このところ一段と交通量が増えてきました。

南三陸町交通安全対策協議会では4月6日~15日の10日間
「春の交通安全町民総ぐるみ運動」を展開しています。
こちらは4月7日、志津川地区大森地内にて行われた
交通安全宣言式。


町内工事に携わる事業者の方々が
交通事故のない復興を誓いました。

「乗車!シートベルト着用!点灯確認!」


「出発!」


現在町内にはダンプカー等、
一日1,000台の大型車両が走っているそうです。
復興進捗に伴う道路の変更も多く
渋滞や接触事故の可能性が心配されています。

「町の交通事情は変化し続けています。
 工事関係者や町民の皆さんに意識を高めてもらい
 事故のない復興へと繋げていきたいですね。」(南三陸警察署交通課 三浦清也課長)

「春の交通安全町民総ぐるみ運動」は明日以降もこんな行事を実施予定。
飛び入り歓迎だそうですよ!

 4月10日(木)AM7:00~10:00
南三陸地区安全運転管理会・復興事業従事事業所の若手従業員による
3時間リレー街頭キャンペーン
場所:志津川字廻館地内 国道398号 八幡橋西側交差点

 4月15日(火)AM10:00~11:00
交通安全運動街頭キャンペーン「幼稚園児ほほえみ作戦」
場所:入谷字岩沢地内 国道398号 新水境トンネル手前約600m左側パーキング

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする