戸倉・歌津 冬の直売所!

31

忘年会やクリスマス会などイベントの多い季節。
ごちそうの準備も必要ですね。
町の直売所に、この冬のお勧めを訊いてみました。

1軒目は歌津「南三陸直売所 みなさん館」。

棚の一角に新米のひとめぼれが並んでいました。
しかも「はせがけ米」!

「はせがけ米」とは、収穫後田んぼで天日干しにしたお米のことで
機械乾燥のお米と比べて甘みや香りが強いんです。
家で炊いてお客様にお出しすると
「南三陸のお米はおいしいね~」と感動してもらえます。

海の物だとこれからの季節、タコが入ってくるとのこと。

歯ごたえのマダコ、柔らかさと甘みのミズダコ。
どちらを選ぶか迷うところです。

2軒目は戸倉「タブの木 漁協直販所」。

「イクラ、味見すっか?」
いただきます!

とろけるようなイクラは今の時期が食べ納め。
秋鮭に代わってタラ漁の季節が始まります。

店先に籠いっぱいのカキを見つけました。

震災後、地元のカキを見たのは初めてです。
「カキ養殖はずっと苦戦していたんだけど
おかげで今年はけっこう採れてねえ。」
嬉しい話です。

他にもまだまだ旬のものが出番を待っています。
この町の場合、一番寒い季節は一番おいしい季節なのです。



(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする