南三陸モアイ化計画 続報

160

週末は暖かい陽気でした。
楽天イーグルスの優勝報告会やプロバスケットボールの試合、ヒーローショー等
町の人々は冬の休日を楽しんだようです。

さて、志津川高校情報ビジネス科の生徒たちにより進められてきた
「南三陸モアイ化計画」。
今日はその最新情報です。

缶バッジ他モアイグッズの収益金に
企業等からの支援金を含めた総額450万円が、先日
南三陸町へ寄付されました。

平成22年度から発足したこちらのプロジェクトは
町のシンボルであるモアイをキャラクター展開することで
町の活性化と防災意識向上を図るというもの。
震災後はそこに「復興」というテーマも加わり
授業の合間を縫って商品制作や広報活動等に力を注いできました。

11月21日、高校生たちと対面し
寄付金と来年のモアイカレンダーを手渡された佐藤町長。

「これは彼らの頑張りのたまもの、敬意を表します。
皆の善意にこたえる使い方をしたい。」
と応じました。

「こんなに売れるとは思っていなかったのでびっくりしています。
先輩たちにも報告しなければいけないね、
代々繋がってきた成果だから。」

南三陸モアイ化計画には在校生、歴代の卒業生、
さらに国内外多くの方が携わってきました。
大目標である町民バス購入に必要な金額はおよそ800万円。
いま道のりの半ばまで辿り着いたところです。

生徒さんの一人は
「実際にお金を渡すことができ、先輩たちの代からの目標に一歩近づけました。」
と、ほっとした表情を見せました。
彼らの今後の活躍に、引き続き注目したいと思います。

■プロジェクト概要
http://sizugawa-hs.myswan.ne.jp/moaikeikaku.pdf

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする