新井田館跡地の発掘調査(志津川中央工区)

202

台風が過ぎ去りからっとした晴天の朝。気温は一気に下がり、冬が近づいてきた気がします。

防災集団移転において176戸、災害公営住宅においても176戸の建設が計画されている志津川地区の中央工区。ここの高台には「新井田館(にいだたて)跡」 という室町~戦国時代のお城の遺跡があるため、今年の3月から来年の3月末まで、約1年間かけて発掘調査が行われています。

場所は、仮設店舗で営業しているセブンイレブン志津川天王前店の駐車場から北を向いて、左前に見えるこの辺りです(写真の右端に見えるのは国道45号線)。

上から見下ろすと、志津川湾が見えます。

現在の調査体制として、町の教育委員会生涯学習課の他に宮城県の文化財保護課6名の調査員に協力いただき、さらに臨時スタッフとして約60名の方に発掘作業をしていただいています。

新井田館跡は高台に作られた山城でかなり堅牢に作られており、日常の住まいではなく、戦いの時に使うための臨時拠点だったことが分かっているそうです。このようなお城は町内に32箇所もあるとのこと。

一番高いところに上がると、そこは以前お城があった場所。

所々に柱が建っていた跡があります。

「当時の様子が分かる資料として貴重なもの」なので、調査結果を記録としてしっかり残し、調査が終了次第、高台移転のための造成が始まる予定です。

■南三陸町教育委員会 生涯学習課
住所:志津川字沼田56番地2
電話:0226-46-2639

 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする