南三陸道路 志津川第一トンネル安全祈願祭

210

土曜日に梅雨明けが発表されましたが本日はまだ曇り空。
本格的な夏のスタートは、明後日からのようです。

先週7月31日(水)。同じく曇り空の中、

三陸沿岸道路「南三陸道路」の志津川第一トンネル安全祈願祭が執り行われました。
 
南三陸道路は、志津川字小森(志津川IC)から歌津字白山(歌津IC)を結ぶ
延長7.2kmの自動車専用道路です。同区間にて、4箇所のトンネルが開通予定。
今回の志津川第一トンネルは、全長451m、幅13.5m、高さ8.5mと最大の長さです。
 
町内の各関係者と、国土交通省、施工業者の方々が参加されました。
 
安全祈願の儀式が終わり、佐藤仁町長からのご挨拶。
「この度、南三陸道路一号トンネルの安全祈願祭を迎えるにあたり、
これまで大変なご尽力・ご支援をいただきました地権者の皆様からの暖かいご支援に、
改めて感謝を申し上げたいと思います。
また震災以降、三陸沿岸道路の整備促進には関係各所に大変なるご尽力をいただき、
現在も急ピッチで工事が進んでいます。
志津川市街地復興事業の着工式を先週終えましたので、これから事業が本格化していきます。
嵩上げや堤防、防潮堤の工事など様々な工事が集中してくる状況の中で、この南三陸道路が
いち早く開通することで、町内の渋滞問題などについて解消されていくことが考えられます。
最後に、こうして本日の安全祈願祭を迎えられましたこと、皆様方と共に喜び合いたいと思います。」
現場から西の方角を振り向くと、さんさん商店街。
開通工事の完了は今年度末の予定です
(安藤)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする