町の移動販売車 食楽 しお彩

445

町の移動販売車、本日ご紹介するのは「食楽 しお彩」さんです。

志津川地区の食堂「食楽 しお彩」は地元の人気店でした。

津波により店舗を失った後
店主の後藤さんが揚げ物の移動販売を始めたのは同年7月のことです。
作りたてのコロッケ、とんかつ、それにお惣菜類。
「しお彩さんのおかずが買える!」
以来、町中の人が白いトラックの到着を心待ちにするようになりました。

さて2013年、7月4日。
しお彩さんはこの日沼田仮設住宅にやってきました。

トラックを見つけたお客様が続々とご来店。
「とんかつとエビチリとコロッケと」
「全部3つずつ。足りないと孫がケンカするから」

あっという間に売れていくお惣菜、増える「完売」の札。
お客様の列が一段落し、やっと写真を撮ることができた頃には
もう揚げ物も残り少なくなっていました。
不覚・・・。


「これでも車内で揚げ物を作り足してるんだよ。
移動販売2年で固定のお客さんが大勢付いてくださったから
今度は商品が間に合わなくて申し訳ないくらいだ。」

イベント等への出店のお誘いも多いそうですが
「当分は日頃のお客さんが最優先」とのこと。
しお彩さんのお惣菜を買うには移動先を追いかけるしかないようです。

ご主人より7・8月移動販売カレンダーの公開許可をいただきました。
忙しい奥様、こちらを参考に今日のおかずをゲットしてください!

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする