AKBグループメンバーと一緒に南三陸町ジオラマを作ろう!

1775

AKBグループメンバーと南三陸町の子どもたちがジオラマ作りを行う「南三陸町ジオラマプロジェクト」がスタート! 5月4日にAKBグループメンバー6人が入谷YES工房を訪れ、キックオフイベントが開催されました。

GWに入谷YES工房でキックオフイベント開催!

201854日、拍手と歓声のなかAKBグループメンバー6人が入谷YES工房に登場しました。目的は南三陸町の子どもたちとのジオラマ作り。子どもたちがジオラマで自分が住みたい町を表現する「南三陸町ジオラマプロジェクト」のキックオフイベントです。

参加したAKBグループメンバーの自己紹介の後、AKBグループのファン代表より、「夢と希望があふれる復興、そして楽しいジオラマ製作となりますように」と、ジオラマのベースとなる台座が寄贈されました。

キックオフイベントに駆けつけてくれたAKBグループメンバーの6人。右から、プロジェクトリーダーの後藤萌咲さん(AKB48)、岩花詩乃さん(HKT48)、湯本亜美さん(AKB48)、佐藤朱さん(AKB48)、山尾梨奈さん(NMB48)、西澤瑠莉奈さん(NMB48)

メンバー6人が1人ずつ6テーブルに分かれ、ジオラマ作りがスタート。メンバーが南三陸町の杉材を使用したキットで家を作り、まゆ人形の住人を子どもたちが担当することに。メンバーと子どもたちとで何を作るか相談し、必要なキットと材料を選び、スタッフのアドバイスを受けながら製作を進めていきました。

ひとつひとつパーツを確認しながら組み立てていきます
細かいところは慎重に…
家ができてきました!
パーツを連結させれば2階建になるキットも

南三陸町でAKBグループメンバーとファンが交流を

組み立てた家に色を付け、約1時間後、カラフルな家と住人のまゆ人形が完成しました! 「楽しかった!」と、子どもたちもAKBグループメンバーも満足した様子。作ったジオラマは台座に設置され、さんさん商店街に飾られる予定です。

自分の家と住人のまゆ人形が完成して喜ぶ子どもたちとメンバー
製作終了後、「とても楽しかったです。プロジェクトのリーダーとして、引き続きがんばります!」と挨拶する後藤萌咲さん(中央)

キックオフイベントが無事に終了し、入谷YES工房の大森丈広さんはホッとした表情に。「1年越しの企画がようやく実現して感無量です。被災地に想いを寄せてくださっているAKBグループのみなさんと、南三陸町ジオラマプロジェクトをサポートしてくださっているAKBグループファンの方々には、心から感謝しています」と大森さん。

「将来の町づくりを担うのは子どもたち。ジオラマ作りによって、子どもたちが楽しみながら町づくりに関われたらと思っています。また、このプロジェクトを通して、ファンの方々が南三陸町に足を運んでくださり、南三陸町がAKBグループメンバーとファンのみなさんの交流の場となってほしい…。そんな想いでプロジェクトを進めていきます!」と、プロジェクトの趣旨と意気込みを話してくれました。

AKBグループメンバーと南三陸町の子どもたちによるジオラマ作りは始まったばかり。どんな町ができていくのか、これからが楽しみですね!

南三陸杉のキットやまゆ細工、オクトパス君をモチーフとした窓枠など、南三陸町ならではのジオラマに

いいね!して
南三陸を応援

フォローする