南三陸自慢の海を体感!「南三陸めぐるツアー」②

587
写真提供:南三陸町移住支援センター

南三陸町への移住に関心のある人を対象に、2017年7月29・30日に行われた「南三陸めぐるツアー」。2日目の目玉は、漁業体験と海鮮バーベキュー!ツアー参加者は南三陸の海とその恵みをたっぷり満喫しました。

名残を惜しみながら民泊先の家族とお別れ……。

2017730日(日)、「南三陸めぐるツアー」2日目の朝。参加者はそれぞれの民泊先で朝ごはんをいただきました。女性チームがお世話になった首藤一雄さん・和子さん宅での朝食は、夕食に負けず劣らずの豪華さ!朝からおなかいっぱいです。

おかずが盛りだくさんな首藤さんちの朝食。みんなでおいしくいただきました!
私たちへのおみやげにと、自家菜園で採れたキュウリや大葉を袋に詰めてくれる和子さん

おいしい朝ごはんに加え、おみやげの野菜までいただき、和子さん・一雄さんのお心遣いにジーンとなりました。名残を惜しみながら、連絡先を交換し、再訪を約束してお別れ。和子さん、一雄さん、ありがとうございました!

首藤一雄さん・和子さんと一緒に。また会いに来ますね!

首藤家を後にし、志津川漁港前へ。ツアー参加者が各民泊先から戻ってきます。それぞれ別れを惜しみ、代表者が感想や挨拶を述べて、記念撮影。みなさん、心温まるひとときを過ごしたようです。

志津川漁港前で民泊先の方々(1列目)と記念撮影 写真提供:南三陸町移住支援センター

「魚市場キッチン」で先輩移住者の体験談を聞く。

2日目最初の訪問先は「魚市場キッチン」。南三陸町に移住し、浜のおかあさんたちと一緒に海の幸の缶詰をつくる中村悦子さんにお話を伺いました。移住に至った背景や、移住してから現在の仕事をするまでの経緯など、移住者の先輩である中村さんの話は興味深く、みんな熱心に耳を傾けました。

魚市場キッチンの商品。ホヤのほか、タコやカキなど、南三陸の新鮮な魚介類を使った缶詰を手がけている

南三陸への移住を考え始めてから約半年後に移住したという中村さん。仕事は決まっていなかったけれど、「何とかなるだろう!」と移住した中村さんの思い切りのよさには、ただただ感心。新たな環境で新たなビジネスに挑戦する中村さんの姿に、大いに刺激を受けました。

魚市場キッチンの前で、中村悦子さん(前列右から3番目)と 写真提供:南三陸町移住支援センター

漁師さんを訪ね、漁業体験と海鮮バーベキューを堪能!

次は戸倉地区へ。漁師の村岡さんを訪ね、いよいよ漁業体験です!村岡さんの漁船に乗せてもらい、志津川湾へ。漁船に乗るのは初めてという参加者がほとんど。貴重な体験です。村岡さんに南三陸の海のことや漁業について教えてもらいながら、湾内を巡りました。

養殖業の説明をする村岡さん。「私たちは海に生かされている」という言葉が印象的だった
海から引き上げたばかりのカキに、一同感嘆の声!

海から戻ると、海鮮バーベキューのお昼ごはん! 焼きホタテやカキの串焼き、ワカメのサラダなど、南三陸の海の幸がずらり。ぜいたくなランチに、またもや満腹……。胃袋がもう1つあったらいいのに! と心から思いました(笑)。

カキ串を焼いてくれる村岡さん夫妻。自家製のみそだれが、これまた絶妙!
手づくりのところてんも登場。ところてんを絞り出すのは初めての経験!
「移住者の人には早く町になじんでほしい。そのためには、一緒に食事をしたりお酒を飲んだりするのが大事だと思っています」と話す村岡さん 写真提供:南三陸町移住支援センター

海とともに生きる村岡さんの姿に感銘を受け、心づくしの昼食におなかも心も満たされて、戸倉地区を出発。南三陸志津川さんさん商店街へ向かいます。201733日に仮設から本設に移った商店街で、散策や買い物を楽しみました。

オープン以来、多くの人でにぎわう南三陸志津川さんさん商店街

今回のご縁を大切に、これからも南三陸とつながりを。

「町の人たちはみんなよい人ばかり」「民泊で温かく迎えてくれたのがうれしかった」「自然に支えられた豊かさを実感した」という肯定的なコメントがたくさん出ました。今すぐ移住! というわけではなくても、移住も含め、これからの生き方について考えていきたいという人がたくさんいました。この2日間で出会った南三陸の人々に、刺激や感銘を受けたようです。

そして、南三陸の魅力に触れて、「また訪れたい」「今度は友人を連れてきたい」という人も。これからも何らかの形で南三陸とつながっていきたい……。そう思うような、すばらしい時間を過ごすことができた2日間でした。

ツアー参加者のコメントを書き留める、南三陸町移住支援センターの片山さん(写真右)。質疑応答や求人紹介の時間も設けられた

アンケート記入を終え、ついにプログラム終了。ツアー参加者たちのバスを、スタッフのみなさんが横断幕を掲げて見送ってくれました。最後まで温かい心遣いに感激です。参加者はそれぞれ、思い出を胸に帰路につきました。

南三陸の人気キャラクター、オクトパス君とモアーチョが描かれた横断幕で、南三陸のみなさんが見送ってくれた

いろいろな人と出会い、南三陸の魅力をたっぷり味わった2日間。今回のツアーをきっかけに、南三陸のことをもっと知りたい、もっとつながりたいという思いが強くなりました。このご縁をさらに深めていきたいです!

インフォメーション

南三陸移住支援センター HPはこちら

移住体験ツアーは2017年11月にも実施予定。興味のある方は、南三陸町移住支援センターのウェブサイトをチェックしてみてください。

いいね!して
南三陸を応援

フォローする
前の記事250年の伝統とプライドが、黄金色の里に舞う入谷打囃子
次の記事<9月20日放送>みなさんぽ
ライター 小島 まき子
ライター、編集者/通訳案内士。ひと・まち・食・旅をテーマにした取材・執筆および書籍編集を行う。東日本大震災をきっかけに東北沿岸部を訪れるようになり、なかでも南三陸町に魅了され、つながりを深めている。ソーシャル&エコ・マガジン『ソトコト』で東北の“いま”を発信する連載記事「ソトボラ新聞」を執筆中。通訳案内士として、訪日外国人に南三陸の魅力を伝えるツアーづくりが目標。